ニュース, ブログ, ...

カルダノ、初のステーブルコイン発売で新たなマイルストーンを設定

カルダノ上に構築された分散型合成資産発行プロトコルのIndigoが、USDベースのステーブルコインであるiUSDやその他の合成資産のローンチを発表し、カルダノは新たなマイルストーンを打ち立てました。

これをU.TODAYが伝えています。

ソース:Stabilizing iUSD & iAssets — an Arbitrageur’s Opportunity to Promote Decentralization

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Sets New Milestone as First Stablecoin Launches」を翻訳したものです。

カルダノ、初のステーブルコイン発売で新たなマイルストーンを設定by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年11月22日

カルダノ上に構築された分散型合成資産発行プロトコルのIndigoが、USDベースのステーブルコインであるiUSDやその他の合成資産のローンチを発表し、カルダノは新たなマイルストーンを打ち立てました。

iUSDは、Cardano上でローンチされる最初のステーブルコインになると伝えられている。Alonzoハードフォークでは、2021年9月にスマートコントラクトが実装され、Cardanoブロックチェーン上でdAppsが開発できるようになった。

Indigo Protocolによると、USDベースのステーブルコインであるiUSDは、USDの価格に追従し、1ドルで評価されるという。

同様に、Indigoが提供する合成資産は、ユーザーが特定の資産を所有することなく、他の資産への価格エクスポージャーを与える資産を指します。インディゴのプロトコルによれば、これらの合成資産は、「アセット」と呼ばれ、個別に過剰担保が設定されています。

2023年、相次ぐステーブルコインのローンチが予想される

2023年は、今後のステーブルコインのローンチに伴い、カルダノ・ブロックチェーンにとってイベント多き年になることが予想されます。カルダノ・ブロックチェーンの公式商業部門であり設立団体であるEmurgoは、2023年初頭に米国にペグされたステーブルコインであるUSDAをローンチする予定です。USDAは、カルダノのエコシステムにおいて、完全にフィアットで裏付けされた最初のステーブルコインとなります。

U.Todayが報じたように、COTI NetworkのCEO兼共同創設者であるShahaf Bar-Geffen氏は、Djedステーブルコインのリリースと次のマイルストーンの進行の詳細を明らかにした。COTI CEOは、今年最大のCardanoコミュニティイベントであるCardano Summitで、アルゴリズムに裏付けられたステーブルコインDjedが2023年1月に稼動することを確認しました。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。