ニュース, ブログ, ...

カルダノ・ステーブルコインDjed、小売業での暗号通貨採用を後押しする決済システム『DjedPay』のスニークピークが公開

COTIが開発を進めるカルダノの次期過剰担保型のアルゴリズム・ステーブルコインDjedが、小売業での暗号通貨採用を後押しする決済システム『DjedPay』のスニークピークがTwitterで公開されました。

*スニークピーク:こっそり覗く→プレビューの意味

これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Stablecoin Djed to Supercharge Own Payment System: Sneak Peek」を翻訳したものです。

カルダノ・ステーブルコインDjed、独自の決済システムを超高速化:スニークピーク by.UTODAY

by Vladislav Sopov 2022年11月23日

カルダノの注目のステーブルコインDjed(DJED)は、暗号で小売利用、電子商取引、寄付のための独自の決済システムを手に入れるかもしれません。

Twitterで公開されたDjedPayのスニークピーク

本日2022年11月23日、DjedのTwitterアカウントでDjedPayソリューションのモバイルインターフェースの初プレビューが公開されました。

公開されたスクリーンショットの通り、今度のプロジェクトでは、顧客が数回のクリックでCardanoのUSDペッグステーブルコインであるDJEDで送金を行うことができるようになります。トランザクションを承認するために、ユーザーは自分のメールアドレスと名前を保存するだけでよい。

このように、DjedPayを使った暗号の送信は、Web2ネオバンクのダッシュボードに似たインターフェースなので、暗号の初心者にとっても直感的でしょう。

スクリーンショットでは、チャリティー財団のロゴが表示されています。このように、Djedチームは、非営利プログラムやイニシアチブでの利用の可能性を示唆したのかもしれません。

カルダノ上のユニークな過剰担保型ステーブルコインDjedとは?

一方、Djedステーブルコインの進捗を監督しているInput Output GlobalとCOTI Networkは、DjedPayの実際のロードマップについて沈黙したままです。

以前U.Todayでも取り上げましたが、先日のCardano SummitでCOTI NetworkのCEO Shahaf Bar-Geffen氏は、Djedのメインネットリリースの「最終」更新日を発表しています。

彼の声明によると、ステーブルコインは2023年1月にメインネットでライブになります。プレスタイムまでに、40以上のdAppsが有望な決済手段としてすでに統合しています。

DjedはADAの流動性に支えられ、SHENトークンを準備暗号通貨として活用する予定です。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。