ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏が無数のプロジェクトを明らかに。Uniswapクローン、Coinbase?

次々と繰り出されるカルダノからのビッグニュースは、まだまだ本番はこれからのようだ。チャールズホスキンソン氏の動画「Coming Birds」で、明らかになったのは、2月末にカルダノプラットフォームにやってくる無数のプロジェクトの話や現在の開発状況で、まさにカルダノファンには夢のような単語が次々に飛び出してきた。

これから無数のプロジェクトがお見えするとなると、とにかく目を鳥のようにしてそのビッグニュースを追いかけるしかない。本当に現在のカルダノコミュニティは益々カルダノの未来に大きな期待が高まっている。

下記の記事にはその片鱗を感じさせる単語が並んでいる。

Cardanoの発明者であるチャールズ ホスキンソン氏は、3月に公開される数々のパートナーシップやプロジェクトを明らかにした。
IOGはEthereum上で最も人気のある分散型取引所UniswapをPlutusに移植しようとする。
まだ2月に来るのは「大きな流動性の発表」-Coinbase?

以下はCRYPTO NEWS FLASHの記事「Cardano: Hoskinson reveals myriad projects – Uniswap clone, Coinbase?」の翻訳です。

By JAKE SIMMONS 2021年2月13日

IOGのCEOであるチャールズ ホスキンソン氏がTwitter用の動画で、”Birds”について語っています(「Coming Birds」)。しかし、カルダノ(ADA)の発明者は鳥類学者になったわけではなく、最新のニュースや発表をツイートしてくれる”Birds”たちのことを比喩的に語っていました。そのことを念頭に置いて、ホスキンソン氏は “たくさんのことが来ていて、たくさんの発表が来ていて、カルダノのための本当にクールな発表がある “と言ってキックオフした。

まず、今月末に向けて、メアリーハードフォークがメインネット上で行われます。このフォークでは、ネイティブアセットがカルダノのネットワークに統合されます。MaryのHFCイベントの直後、IOGはPlutusのテストネットをリリースし、「基本的にはPlutusをネットワークに導入する第2四半期のHFCイベント『Alonzo』の立ち上げのための基盤となる」とホスキンソン氏は明らかにした。

パートナーシップ、パートナーシップ、カルダノのパートナーシップ

動画の後半でホスキンソン氏は、数々のパートナーシップについて語った。彼は詳細を明らかにすることはできませんでしたが、彼がリークした発表の可能性は莫大なものでした。発表は3月のメアリーハードフォークの後にキックオフされる予定です。

Silvio氏は我々の戦略的パートナーであるRuntime Verificationと非常に密接に協力しており、それはどんどん成長し続けており、我々はより多くのパートナーを引き入れ、より多くの進展を続けています。
3月はGoguenについての話題で盛り上がるよ。私たちが持っているパートナーのいくつかを発表し、それに伴うクールなものを発表し、どのようにテストするかについても発表します。

ホスキンスン氏が口にしたように、カルダノに移行するプロジェクトは、パイプラインの中に多数存在する。さらに、IOG自身もDeFiエコシステムの構築に向けた取り組みを進めている。現在最も人気のある分散型取引所であるEthereumのUniswapを自社のスマートコントラクトプラットフォームに移植する予定だ。その先には、セルシウス・ネットワークとの提携も計画されている。しかし、ホスキンソン氏はこの発表を同社CEOのアレックス・マシンスキー氏に委ねたいと考えていた。

我々は多くの実験を行うつもりだ。UniswapのようなものをPlutusで再実装できるかどうかに非常に興味がある。私たちは実際のトークンパートナーと協力しています。アレックス・マシンスキーはちょっとしたことには厳しいですね。だから、彼が我々と何をしているのかについては、彼に任せておこう。

ホスキンソンはまた、Coinbaseの噂を煽った。彼が述べたように、IOGは新たなインフラパートナーを仲間に加え、2月末までに「大規模な流動性の発表」も行う予定だという。もちろん、Coinbaseは単なる憶測に過ぎませんが、おそらく最大の流動性の発表となるでしょう。ホスキンソン氏は述べています。

また、今後60日から90日の間にオフチェーンインフラの一連のインフラパートナー、新しいウォレットのサポート、そして来るであろう大きな流動性の発表もあるが、それについては何も言えない。今月中には約束されていました。何が起こるか見てみたいと思います。

プルトゥス、イエラ、そして新たなアルファ・フロンティア・プログラムの戦略について、ホスキンソン氏は明らかにした。

彼らの仕事は、アロンゾ・テストネットの地獄のようなPlutusのコードをたくさん書いて、すべてが正常であることを検証することだけです。
イエラには巨大な戦略があり、ランタイム検証を行うKEVMには巨大な戦略があります。3月にはアルファフロンティアプログラムでも展開する予定です。 アルファ・フロンティアのコンセプト全体を展開していく予定ですが、私たちがKでやろうとしていることは仕様言語です。

専用のdAppストア、大学とアフリカ

IOGがダップスのためのアプリストアを開発しているという発表は、これほど興味深いものではなかったかもしれません。IOGは3年以上前から社内でアプリストアを検討してきたが、このアイデアを実現するための良い方法を見つけたとホスキンソン氏は述べた。

さらにホスキンソン氏は、今後60日から90日以内にIOGが大学との提携について発表する可能性が「非常に高い」ことを明らかにした。具体的には、スマートコントラクトの開発に特化した専用のソフトウェア開発センターを設立する。そのための寄付金を大学に寄付し、営利企業を巻き込んでいく。現状について、IOGのCEOは次のように語った。

現在の状況について、IOGのCEOは次のように述べています。

今は、どのバラを贈るかを決めるために、独身を演じているところです。

ジョン・オコナーは先週、カルダノがアフリカの国と契約を結び、その国の500万人をカルダノのユーザーにしたという秘密をすでに明らかにしています。

大規模な商業取引が漏れ始めるのです。我々は準備ができているが、政府はまだ準備ができていない。しかし、私の理解では、それは最終段階にあるということです。2月になると思われる。これは500万人を巻き込んだ大規模な取引です。

ジョン・オコナーはそれについていくつかのことを述べています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。