ニュース, ブログ, ...

イーサリアムとの比較の中で現状のカルダノについて紹介:コインテレブラフ英語版「Cardano approaches a new major upgrade as ADA posts an inspired rally」

コインテレブラフ英語版「Cardano approaches a new major upgrade as ADA posts an inspired rally」で現在のカルダノに関して客観的な見方をした記事が出ましたので、一部翻訳抜粋要約しました。

この記事では、いくつかの業界関係者のコメントを紹介つつ、イーサリアムとの比較の中で現状のカルダノについて紹介しており、とてもわかりやすい記事となっています。

SIPOでもこれまでに多くのカルダノ記事を紹介してきましたが、最近のカルダノの怒涛のように繰り出されるニュースやアップグレード情報の中で、現状のイーサリアムと比較してどのような現在位置にあるのか興味を持たれている方も大変多いと思います。

下記はこの記事で触れられている主な視点

  • カルダノの”アップグレード後の最初の大きな違いは「実行料金なし」
  • カルダノがトークンを偽造するためにスマートコントラクトを必要としないことは、セキュリティの利点につながる
  • カルダノは、イーサリアムとは全く異なる市場シェアを獲得する可能性がある
  • カルダノは『リサーチファースト』のアプローチ
  • カルダノのスケーラビリティはHydra潜在的に最大1,000TPSを処理、ステークプールの数に応じてさらに拡張することができます。
  • IOHKはEthereum Classicにも関与
  • 現時点では、ブロックチェーン競争ではイーサリアムがカルダノをはるかに凌駕していることは明らか
  • すべてのカルダノのエンティティは、直接的な競争や比較ではなく、ブロックチェーン業界全体の利益のための相互運用性に焦点を当てている

以下記事の翻訳抜粋要約

カルダノが新たなメジャーアップグレードに迫る ADAが刺激的なラリーを投稿

CardanoのMaryのアップグレードとトークンゲインはEthereumと競合するように準備されていますが、メトリクスはEthereumがまだ王様であることを示唆しています。

まず、カルダノの現在の開発状況を説明しながら、イーサリアムブロックチェーンとのこれらの類似性に加えて、イーサリアムトークンと比較した場合、カルダノのネイティブトークン間には設計上の違いがあルことについて書いている。

まず、カルダノの”アップグレード後の最初の大きな違いは、「実行料金なし」であるということ”。

カルダノ財団の事務局長であるヒンリッヒ・ファイファー氏は、カルダノのネイティブ・トークンがこの点でどのように異なるかについてCointelegraphと議論している。

カルダノのネイティブトークンは、スマートコントラクトを必要とせず、オンチェーンで『偽造』されるため、カルダノのネイティブトークンを取引する際の約定手数料は必要ありません。

彼はさらに付け加えました。

“その代わりに、トークンを送信するには、トークンと一緒に送信するために、ADAで支払うべき名目の手数料(’min-ADA-value’と呼ばれる)が必要になります。また、複数のネイティブ・トークンを束ねて、1つのトランザクションで一緒に送ることもできる(これは「min-ADA-value」を上げる)。ただし、この料金はネットワークの混雑状況に依存したり、スマートコントラクトの実行に依存したりするものではありません。”

また、ファイファー氏は、「トークンを偽造するためにスマートコントラクトを必要としないことは、詐欺の加害者がスマートコントラクトの脆弱性、人為的ミス、およびスマートコントラクトに関連するその他のリスクを悪用する余地がないため、他の利点につながる」と述べており、カルダノのネィティブトークンとイーサリアムトークンとの違いについての決定的違いを述べている。(*カルダノのネィティブトークンについてはこちらの記事をご参照ください。)

イーサリアムのインフラをバックアップするブロックチェーン技術企業であるConsenSysのコミュニケーションおよびコンテンツ担当ディレクターであるJames Beck氏は、イーサリアムがこれらのスマートコントラクトのリスクにどのように対処しているかについてCointelegraphに語っています。

“イーサリアムは2015年からスマートコントラクトをサポートしていますが、スマートコントラクトの開発はまだまだ成熟した分野です。イーサリアムでは、毎週のようにバグやセキュリティリスクが発見され、スマートコントラクトのセキュリティベストプラクティスの登録に追加されています。”

記事によると、デジタル資産取引プラットフォームGate.ioのチーフマーケティングオフィサーであるMarie Tatibouet氏はCointelegraphに、カルダノの生みの親であるCharles Hoskinson氏が率いるチームについて次のように語っている。

現代のブロックチェーンエコシステムを悩ませている様々な問題(スピードの欠如、手数料の高さなど)を解決するために、『リサーチファースト』のアプローチをとってきた。

例えば、カルダノのウロボロス・アルゴリズムは、世界で最初にピアリサーチされたコンセンサスアルゴでした。製品を発売する前に仕事をすることに重点を置いていたことが、彼らの大きな助けになっている

続いて、ファイファー氏はCointelegraphにこう述べている。

“私たちは、カルダノの価値提案、特にネイティブトークンによって保証されているセキュリティの程度と手頃な価格が、機関や企業の間で人気があることを証明することを期待しています」と述べています。他のブロックチェーンプロトコルでは、セキュリティの問題や、スマートコントラクトの悪用による莫大な価値の損失に悩まされてきました。そのため、機関投資家はブロックチェーンベースのソリューションを検討する際には十分な注意を払う必要があります。”

さらに、カルダノは、高い信頼性のアプリケーションで知られる関数型プログラミング言語であるHaskellで実装されているという事実は、大企業や政府機関が関与するさまざまなビジネスユースケースを切り開く可能性があります。

ファイファー氏はさらにカルダノについて次のように述べています。

カルダノは、国家レベルのアイデンティティソリューション、バックエンドの金融インフラ、そして強力な企業のユースケースといった、イーサリアムとは全く異なる市場シェアを獲得する可能性があります。

Cointelegraphでは、「イーサリアムキラー」というコンセプトは、イーサリアムがブロックチェーンのユースケースを独占するようになってからずっとあったが、現在のイーサリアムが誇るようなユーザーや開発者を生み出すことができたネットワークはなかったと述べ、イーサリアムの競合を考える上で重要な、イーサリアム 2.0がプルーフ・オブ・ステークプロトコルに移行することで解決しようとしているスケーラビリティの問題について述べ、カルダノのスケーラビリティはHydraについても次のように紹介している。

カルダノのスケーラビリティはHydraによって実現されると予想されており、Hydraは1秒あたりのトランザクション数で測定される高いトランザクションスループットを提供する複数のヘッドを持つことになります。各「Hydra」ヘッドは、潜在的に最大1,000TPSを処理することができます。

また、ファイファー氏は、異なるタイプのトランザクションがブロックチェーン上で行われる可能性があるため、カルダノのHydraヘッド構造によるスケーラビリティの尺度はTPSだけではないと付け加えています。

“将来的には、(カルダノのステークプールのオペレーターによって促進された)各カルダノノードがHydraヘッドを実行する可能性があります。したがって、カルダノネットワークのTPSは、Hydraヘッドを実行しているステークプールの数に応じて拡張することができます。”

そう入ってもコインテレブラフでは、「イーサリアムはまだ王様です」と述べている。イーサリアムの開発力及び開発コミュニティは、現在最大の開発者プールを持っており、コアとなるイーサリアムプロトコルそのものを含め、メタマスク、コンパウンド、プロトコルなど、広く使われているアプリケーションやインターフェースを構築していると。

James Beck氏は、イーサリアムのプールがカルダノに対してどのようにスタックしているかを指摘しています。

“イーサリアムは今でも最も活発に開発されているブロックチェーンプロトコルで、月平均220人のアクティブなコア開発者から42,457件のコミットがあります。カルダノは37,327のコミットで、それほど遅れていませんが、IOHKはEthereum Classicにも関与しており、プロトコルに帰属するデータを膨らませている可能性があります。”

このように開発者の活動が多いことは、あらゆるブロックチェーンの成長とそのネットワーク効果にとって非常に重要です。また、イーサリアムが試みたように、スマートコントラクトの標準やベストプラクティスを作成することも重要です。さらに、スケーリングの問題は現在、Optimist RollupsやZK-Rollupsなどのレイヤツーネットワークによって対処されており、Beck氏がさらに述べているように、これらは “ブロックチェーンのスループットを1,000~2,000TPS以上に高めることで、手数料や混雑を減少させる “としています。

ロールアップチェーンは、まだイーサリアムに落ち着く様々なデータや実行モデルを通して実験を可能にする独立したデータシャードと考えることもできます。これらのロールアップは、Eth2のロードマップの一部であり、近いうちにイーサリアムをよりスケーラブルにすることを意図しています。

メトカーフの法則では、特定のネットワークの価値はネットワーク内のユーザー数に正比例するとしています。これは、ネットワーク上で起こっている活動が測定されていることを暗示しているため、ネットワークを評価する上で最も重要な指標と言えるかもしれません。ここで、イーサリアムはカルダノを完全に凌駕しており、1日のアクティブアドレスが76万人を超えているのに対し、カルダノのアクティブユーザーは約7万1,000人です。

両者のアプリケーションやライバル関係に関わらず、現時点では、それぞれのブロックチェーンに基づいたDeFiアプリケーションのユーザー数や数を考慮すると、ブロックチェーン競争ではイーサリアムがカルダノをはるかに凌駕していることは明らかです。

カルダノは、その強力なファンダメンタルズで時間をかけてイーサリアムに追いつくことができそうだが、最近DNATagsが行ったように、一部のDeFiアプリケーションがイーサリアムからカルダノに移行する可能性がある。しかし、ファイファー氏は、覇権の打破に前向きにアプローチしています。

“将来的には、複数のブロックチェーンプロトコルがこのスペースでうまく共存していく可能性が非常に高いです。すべてのカルダノのエンティティは、直接的な競争や比較ではなく、ブロックチェーン業界全体の利益のための相互運用性に焦点を当てています。私たちは他のブロックチェーンとの協力にもオープンです。”

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。