ニュース, ブログ, ...

カルダノのダイダロスウォレットが大幅なアップデートの中身

これまでのダイダロスで最も重要なアップデートであるとアナウンスされた最新版ダイダロス3.3.0バージョン。今まさにメアリーHFCによる、ネィティブトークン(マルチアセット)の提供をサポートするほか、さまざまなアップデートが盛り沢山だ。

特に「IOHKブログ」にあるように、カルダノそして我々に多くの機会をもたらすことになる。(*詳細は「IOHKブログ:楽しみと利益のためにCardanoでネイティブトークンを構築」をご参照ください。)

ネイティブトークンはカルダノにマルチアセット(資産)サポートをもたらし、ユーザーは独自に定義した(カスタム)トークンを作成し、カルダノブロックチェーン上で直接それを使って取引きを行うことができます。

さらに「IOHKブログ」は、このダイダロス3.3.0の登場で、”自分でトークンを作成することは望まないが、既存のトークンを支払いや購入、交換に使用したいと望むユーザーは、DaedalusやYoroiといったウォレットを使用することができるようになります。”とアナウンスされている。

Daedalusチームは、ネイティブトークン機能をサポートするために、ウォレットバックエンドをユーザーインターフェイスに統合する作業を続けています。ユーザーはネイティブトークンをウォレットに保有して、ADAと同じように送受信することができるようになります。

このように私たちユーザーの経済行動を変えるであろうカルダノの進化は止まる気配が見えない。ダイダロス3.3.0以降は私たちにさらなる大きな時代の変化と新しい経済の機会を与えてくれるだろう。

下記の記事はCRYPTOSLATEの記事「Cardano’s Daedalus wallet receives its most significant update yet」翻訳したものです。

カルダノのダイダロスウォレットが大幅なアップデート

Priyeshu Garg – February 19, 2021

ダイダロスウォレットのバージョン3.3.0では、ブロックチェーンにネイティブトークンのサポートを提供するカルダノプロトコルのアップデートをサポートしています。また、導入された数多くの新機能の中で際立っているのは、プロジェクト・カタリスト・ファンド3への投票登録機能で、カルダノのオンチェーンガバナンスから不要なステップを削除することができます。

ダイダロスウォレットが最新のアップデートで刷新される

IOGが開発した カルダノウォレットである ダイダロス が、これまでで最大のアップグレードを受けました。2月17日に発表されたこのアップデートにより、ダイダロスは、カルダノにネイティブトークンのサポートをもたらすHFCイベント「Mary」の準備が整いました。

バージョン3.3.0では、設定可能なSMASHサーバ、メタデータ・トランザクション、手数料処理、ADAデポジット、セカンダリPINを設定した台帳デバイスのサポートなど、他にも多くのアップデートがダイダロスにもたらされています。

ダイダロスは、サポートされている不換紙幣またはクリプトカレンシーでのユーザーのウォレット残高の換算値を表示することができるようになりました。換算レートはCoinGeckoによって提供されていますが、IOGは計算された換算値は参考値としてのみ使用すべきであると指摘しています。

ユーザーは、旧バージョンのダイダロスのスティタスディレクトリにある「secret.key」ファイルからウォレットをインポートすることもできるようになります。これは、ウォレットのリカバリーフレーズを紛失してしまったユーザーにとって重要なアップデートです。

ダイダロスはカルダノを完全に分散化されたガバナンスに一歩近づけました。

しかし、バージョン3.3.0でアンロックされた最大かつ最も重要な機能は、Project Catalyst Fund3の投票登録の追加です。まだ実験段階ではあるが、Project Catalystは最終的にCardanoにオンチェーンガバナンスをもたらすプログラムである。このプラットフォームを利用することで、ADA保有者はカルダノの成長のために提案されたキャンペーンに投票することができ、ガバナンスプロセスに参加することで報酬を受け取ることができます。

ダイダロスの最新バージョンでは、ユーザーはウォレットに直接Fund3の提案を登録して投票することができるようになります。

プロジェクト・カタリストの投票には、トランザクション・メタデータのサポートが追加されたという、もう一つのダイダロスの主要なアップデートも利用されます。バージョン3.3.0では、ダイダロス上に表示されるカルダノトランザクションに、近い将来、ADAやその他のカルダノネイティブアセットを含む以外に、追加のメタデータ情報を含むことができるようになります。

トランザクションのメタデータは、トランザクションにX追加のコンテキストを提供するために使用することができます。この機能は、プロジェクト・カタリストの提案と投票プロセスの両方がより複雑になるにつれて、非常に有用であることが証明されるでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。