ニュース, ブログ, ...

2021年にカルダノに何が来るのか?ホスキンソンが全プロジェクトを明かす:What’s coming for Cardano in 2021? Hoskinson reveals all projects

カルダノ2021年はまだ第一四半期の途中ですが、非常に多くのニュースと開発の進展によって、価格は1ドルを超えるなど、本当に素晴らしい超飛躍を見せていますね。

しかし、他の記事でも何度も述べていますように、これはまだ始まったばかりのです。(すみません。しつこくて。。。笑)

カルダノは下記のようにざっと述べてもまだまだ大きな開発の途上にあります。しかもそのほとんどはリリース直近、または発表のものばかりです。

スマートコントラクト、ヴォルテール、たくさんのHydraアクション、完全なプリズム統合、DCF、コミュニティによって承認されたカルダノ2025、ウロボロスオメガの公開、主流言語のIELE、たくさんのDApps、ダイダロス2とモバイル、カルダノ上の何百ものトークン

その中で特に目を引くのは「ウロボロス・オメガ」ではないでしょうか?

ウロボロス・オメガは、新しいコンセンサスアルゴリズムであり、「IOGが過去6年間に持っていたすべてのアイデアが一堂に会する」プロジェクト

これもまさにカルダノの次の進化を支える、ある意味カルダノ2.0の技術を支える技術の一つになりそうで、特に51%攻撃に対して自動制御の技術が含まれているとも言われています。大変よう注目ですね!

以下の記事は「What’s coming for Cardano in 2021? Hoskinson reveals all projects」を翻訳したものです。

2021年にカルダノに何が来るのか?ホスキンソンが全プロジェクトを明かす

By JAKE SIMMONS 2021年2月21日

Charles Hoskinson氏によると、2021年には「Cardano」向けにVoltaire、Hydra、Ouroboros Omega、IELEだけでなくDaedalus 2もリリースされるとのこと。

また、IOGのCEOは「tons of dApps」と「Cardano 2025」のビジョンの承認を約束しています。
カルダノ(ADA)の価格は2021年に向けて信じられないようなスタートを切った。

1月1日にADAがまだ0.18ドルで取引されていた後、価格は昨日、1.20ドル以上に簡単に上昇することができました。これにより、ADAは年初来の10倍マークを突破しただけでなく、2018年1月04日にまだ1.15ドルで取引されていた新記録の高値を記録しました。

価格の主な原動力となったのは間違いなく、力強い開発の進展と、アフリカを含むパートナーシップやプロジェクトに関するパイプラインでの発表でした。シェリー時代からゴグエン時代への移行に伴い、カルダノはネイティブトークンにも対応したスマートコントラクトプラットフォームとなります。最近のDeFi分野でのBinanceスマートチェーンの成功と、その後のBNB価格の上昇が示すように、DeFiはCardanoにとっても巨大な要素になる可能性があります。

Cardanoの発明者であるCharles Hoskinson氏は、DeFiが巨大な可能性を提供していることをここ数週間繰り返し強調しており、それがIOGが注目する理由となっています。そして、EmurgoのCTOであるNicolás Arqueros氏が11月に概説したように、Cardanoは、拡張されたUTXOモデルを通じて「数百万人のユーザー」のDeFiアプリケーションのスケーラビリティを実現します。

ホスキンソン氏は新しいツイートで、2021年にはコミュニティが以前に知っていた以上に多くのことがCardanoに待ち受けていることを明らかにしました。カルダノの制作者は次のようにツイートしています。

2021年の準備はできていますか?まだ2月だよ。

2021年に向けて?確かに、スマートコントラクト、ヴォルテール、たくさんのHydraアクション、完全なプリズム統合、DCF、コミュニティによって承認されたカルダノ2025、ウロボロスオメガの公開、主流言語のIELE、たくさんのDApps、ダイダロス2とモバイル、カルダノ上の何百ものトークン。私は何かを見逃していますか?

2021年のカルダノの次は?

Hoskinson氏のリストの最初の項目であるスマートコントラクトは、3つのハードフォークコンビネーターイベントの最後の「Alonzo」でGoguenのフルアクティベーションが完了し、開発者がメインネット上でネイティブトークンやスマートコントラクトを作成できるようになるため、意外と知られていません。

さらに興味深いのは、カルダノの5番目にして最後の時代である「ヴォルテール」です。ヴォルテール時代は、カルダノネットワークが自立したシステムになるために必要な最後のピースを提供します。投票システムとトレジャリーシステムを導入することで、ネットワークの参加者は、参加権と投票権を使ってネットワークの将来の発展に影響を与えることができるようになります。その結果、カルダノは完全に分散化されることになる。

さらに、Hoskinson氏は “Hydraのアクションがたくさんある “と約束している。Hydraはレイヤー2のソリューションで、Cardanoのネットワークに毎秒100万件以上のトランザクションのスケーラビリティを与える。

Atala PRISMは、IOGが提供する分散型アイデンティティソリューションで、人々が個人データを所有し、組織とシームレスに、プライベートに、そして安全にやりとりできるようにする。Alan McSherry氏が2020年10月に明らかにしたように、IOGはPRISMに関連して「30以上の潜在的な機会」を持っている。

ウロボロス・オメガは、新しいコンセンサスアルゴリズムであり、「IOGが過去6年間に持っていたすべてのアイデアが一堂に会する」プロジェクトだと、Hoskinson氏は2週間前に明らかにしている。

IELEは、推定6万人のSolidity開発者を抱えるEthereumよりも多くの開発者をエコシステムに引き込むために、IOGが取り組みたいと考えている潜在的な「2,360万人の開発者」をターゲットにしている。IELEは、スマートコントラクトを実行して検証するCardano専用の仮想マシンです。また、ブロックチェーン開発者のために人間が読める言語を提供する。Cardanoの開発者のウェブサイトには、次のように書かれています。

IELEは、EthereumでSolidityスマートコントラクトを書く際に内在するセキュリティと正確性の懸念に対処するために、正式な方法を用いて設計されました。IELEでスマートコントラクトを書くと、より安全性が高く、正しさの検証が容易になります。使いやすく読みやすい言語構造の恩恵を受けることができ、全体的なパフォーマンスが向上します。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。