ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン氏によるとスマートコントラクトの多くは、次の2、3ヶ月の間で計画されている:Cardano’s Hoskinson: Lots of ‘smart contract stuff’ planned for next 2-3 months

カルダノの今後のスマートコントラクトの実装展開について、改めてチャールズさんからコメントが出ています。記事のタイトルにもありますように、現在展開中のスマートコントラクトの展開は「次の2、3ヶ月の間で計画されている」というもので、これは当初言われていた予定と同じものです。

いわゆるカルダノロードマップのGOGUEN(ゴーグエン)は、カルダノにスマートコントラクトをもたらすもので、すでに段階的にアップグレードが繰り返され、今後60日から90日の間に現在予定されている展開がほぼ完了されるという意味です。これに合わせて様々なカルダノ上のアクターは、でDappsやスマートコントラクトなどを構築し展開することが可能になるのです。

またそのほかの新たの計画も下記の記事ではコメントされています。

下記の記事は、AMBCryptoの記事「Cardano’s Hoskinson: Lots of ‘smart contract stuff’ planned for next 2-3 months」を翻訳したものです。

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏によるとスマートコントラクトの多くは、今後2~3ヶ月の間に計画されている

on February 23, 2021 By Samyuktha Sriram

Cardanoの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏によると、Cardanoは今後60日から90日の間に多くの重要なアップグレードが行われると予想されている。

Financial Foxとのインタビューでホスキソン氏は、今後2~3ヶ月の間に、多くの「スマートコントラクト的なもの」がネットワークを直撃することを明らかにした。

IOHKの幹部はまた、過去数ヶ月間にホスキソン氏がCelsius、SingularityNET、Fireblocks、Prime Trustの各チームと会い、Cardanoのサポートを含めて検討してきたことを明らかにしています。これらの事業体のうち、どの事業体が最初にカルダノとの統合を行うかの優先順位を決めることは、特別な課題だったとホスキソン氏は付け加えています。

これは必要なことです。Dappsのために必要であり、機関投資家が参入するために必要であり、あらゆる種類のアクターのために必要であり、需用者のために企業としての時間の大部分を占めています。

統合チームが様々なプラットフォームにCardanoのサポートを導入することに向けて取り組んでいる一方で、Cardano Foundationの研究部門は新たな取り組みに取り組んでいると言われています。ホスキンソン氏は、現在進行中の可能性のあるいくつかの新しい発表について、次のようにコメントしています。

大学にスマートコントラクト開発設計を専門とするスマートコントラクト・インスティテュートを設立するなど、いくつかの新しいことを発表する予定です。

IOHKの既存の関係と、これらのコンセプトの実用化に関するワイオミング大学の一般的な方向性を考慮して、ワイオミング大学で導入される可能性が高いと、幹部は続けて言いました。

先週のアップデートでは、メアリーのハードフォークが3月1日に正式にメインネットに登場し、待望のネイティブマルチアセット機能がカルダノネットワークに導入されることが明らかになったことに注目すべきでしょう。

実際、最近のブログ記事の中で、Cardano Foundationは、スマートコントラクトはまもなく到着するが、Cardano上でネイティブトークンを作成する必要はないと主張しています。

ネイティブアセットは、代替不可能なトークン『NFTs』を生成するために使用することができ、これは膨大な範囲のユニーク(唯一性)な実世界やデジタル資産を表現するために使用することができます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。