ニュース, 翻訳

ホスキンソン氏がライバルのPolkadot、Ethereum、Algorand、Tezosについて語る:Cardano: Hoskinson discusses his competitors Polkadot, Ethereum, Algorand and Tezos

コインマーケットキャップのリストには現在「Cryptocurrencies:  8,545」のCRYPTOが存在します。この中には、パブリックブロックチェーンや多くのトークンが存在し、それぞれが独自の技術やヴィジョンを持って、独自性を発揮しようと日々開発に取り組んでいます。これにより素晴らしい技術やアイディアが生まれCRYPTO全体の底上げが日々なされています。

CRYPTO NEWS FLASHの記事「Cardano: Hoskinson discusses his competitors Polkadot, Ethereum, Algorand and Tezos」では、カルダノの創始者Charles Hoskinson氏(チャールズ・ホスキンソン氏)が、CRYPTO業界ならではの視点で、CardanoのライバルでもあるPolkadot, Ethereum, Algorand and Tezosなどについて語っており、とても興味深い内容となっていますのでご紹介します。

以下はCRYPTO NEWS FLASHの記事「Cardano: Hoskinson discusses his competitors Polkadot, Ethereum, Algorand and Tezos」を翻訳したものです。

カルダノ:ホスキンソンがライバルのPolkadot、Ethereum、Algorand、Tezosについて語る

By JAKE SIMMONS 2021年2月22日

Stefania Barbaglio氏との最近のインタビューで、Cardanoの発明者であるCharles Hoskinson氏は、Polkadot、Ethereum、Algorand、Tezosなどの競合する暗号プロジェクトや、“彼が好きなプロジェクト “についての考えを共有しました。IOGのCEOは、Polkadotの生みの親であるGavin Wood氏やEthereumの生みの親であるVitalik Buterin氏について、個人的な見解を述べました。

ポルカドットは、訓練を受けていない天才が何かを設計した場合と、頭の良いベテランエンジニアが設計した場合の違いを示した例であり、これがギャビン・ウッドとヴィタリク・ブテリンの違いです。Vitalikは信じられないほどの聡明な男だが、生の知性や能力では意味がない。あなたがそれを行った後、彼はダヴィンチになることができます。

ホスキンソン氏によると、ポルカドットとその創設者たちは、より実用的なアプローチをとっており、それで非常にうまくいっているという。Polkadotのチームは、すべてを完全に再発明したわけではない。

彼らは、我々のコンセンサスアルゴリズムであるウロボロスを使用していますが、彼らのエコシステムに適した特性を持つように改良しています。私たちはもちろん、ある面ではライバルですが、個人的なことはさておき、Polkadotチームと彼らが成し遂げたことに対しては、プロとして尊敬の念を抱いています。

さらに、PolkadotはEthereumよりも実装が非常に簡単なシャーディングメカニズムを採用しており、最初はそれほど強力ではないとしても、彼は次のように述べている。

結局のところ、ギャビン・ウッドは最初から正しい道を歩んできたが、一方でイーサリアムはまだ並行して多くのことをやろうとしすぎている。

大規模なガス代がかからないし、Ethereumに対抗するのはかなり難しくなるだろう。しかしその代わりに、彼らは信じられないほど複雑なロードマップを選択しました。地獄へのロードマップのように、たくさんのものがあり、動く部分がたくさんあります。[….] 多くのことがうまくいかない可能性があります。カルダノの時も同じミスを犯した。そのせいで何年もの歳月を費やし、その代償を払った。

アルゴランド、テゾス、その他についてのホスキンスン

Hoskinson氏はさらに、アルゴランドの創業者であるSilvio Micali氏に大きな敬意を表した。Micaliは、MITにいて、そこの “大物 “であるという贅沢をしている、と彼は言った。”我々が使っているものの多くは、彼が発明するのを手伝った “と。さらに、Micaliは “非常に賢明に事業開発チームに参加し、優れた開発チームを構築した “ことで、”素晴らしいコードを書く “としている。

しかし、Hoskinson氏は、アルゴランドが重大なミスを犯したと考えています。それは今、プロジェクトがより広く採用され、ALGO トークンがより大きな流動性を持つことを妨げているのです。

彼らが犯した唯一の間違いは、トークンの流通だと思います。私は数年前に彼[Silvio Micali]と夕食を共にしましたが、私は次のように言いました。もし彼がそうしていたら、アルゴランドはおそらく時価総額が最低でも50億ドルから100億ドルになっていたと思います。この市場で新しいエコシステムを立ち上げるのは本当に難しいです。

カルダノの発明者は、Tezosコミュニティからの「容赦ない」憎悪に直面していますが、彼はプロジェクトとそのアイデアを高く評価しています。

彼らのコミュニティは私を容赦なく嫌っている。一方で、私はいつもロードマップのビジョンやプロジェクトについて肯定的なことを言っていました。私はOcamlが好きです。素晴らしいプログラミング言語ですし、彼らが形式的なメソッドで行ったことも好きです。

Hoskinson氏はまた、IOGのパートナーであるErgo社のアプローチも気に入っている。そのほか、Cosmos、Ethereum Classic、Dash、Horizenも良いアイデアを持ったプロジェクトだとチャールズ・ホスキンソン氏は言う。

私は確かに、いつも合理的なことを言っているJae KwonとCosmosの人たちを知っています。私たちは明らかにEthereum Classicと連携しています。Dashがやったことは本当に気に入っています。彼らは最初にトレジャリーを行った企業の一つであり、もちろん、プライバシーを守る口実を与えてくれたHorizenの企業も気に入っています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。