ニュース, ブログ, ...

グローバルな暗号投資ファンドFD7ベンチャーズが7億5000万ドル相当のビットコインを売却してカルダノとポルカドットホールディングスを増やす

ドバイを拠点とする10億ドルを運用する世界的な暗号投資ファンド、FD7 Venturesが、価値の保存としてのビットコインの大部分の資産を売却し、新しいインターネット2やWEB3を構築するカルダノ(ADA)とポルカドット(DOT)を購入するというビッグニュースがアナウンスされました。こうした動きはより広がるものと思われます。

FD7ベンチャーズのマネージング・ディレクター、プラカシュ・チャンド氏は”私は幸運なことに、暗号の分野で最も聡明な頭脳を持つ人々と多くの時間を過ごすことができましたが、イーサリアム、カルダノ、ポルカドットのそれぞれが、今後数年以内にビットコインよりも価値のあるものになることを確信しています。”と述べています。

以下は、BUSINESS WIREの記事「Global Crypto Investment Fund FD7 Ventures to Sell $750M USD Worth of Bitcoin to Increase Cardano and Polkadot Holdings」を翻訳したものです。

2021年2月25日 午前11時58分 東部標準時トロント–(BUSINESS WIRE)

ドバイを拠点とし、10億ドルを運用する世界的な暗号投資ファンド、FD7 Venturesは本日、カルダノ(ADA)とポルカドット(DOT)での同社のポジションを増やすために、今後30日間で保有するビットコインの7億5000万ドル相当を売却する計画を発表しました。

この動きは、同社が保有するビットコインの大部分を事実上売却し、新興プロジェクトであるカルダノとポルカドットを購入することになります。同社によると、これらのアルトコインの保有量の増加は、成長を続けるクリプトカレンシーの分野でポートフォリオを多様化しようとしているFD7の投資家のニーズをよりよく満たすことになります。

ビットコインが最初に市場に出たという事実はさておき、社会がビットコインに価値を蓄えるものとしての意味を与えたという事実は別として、私はビットコインは実際にはかなり役に立たないと思っています

とFD7ベンチャーズのマネージング・ディレクター、プラカシュ・チャンド氏は述べています。

カルダノ、ポルカドット、イーサリアムのようなプロジェクトは、新しいインターネットとWeb 3.0の基礎となるものです。

カルダノの創設者であるチャールズ ホスキンソン氏とポルカドットの創設者であるゲイビン ウッド博士は共に、今日の暗号開発の分野で最も聡明な頭脳を持つ2人であると考えられています。両者とも、イーサリアムの元祖7人の共同創設者の一人である。ホスキンソンとウッドは、現在の役割において、世界的に大きなインパクトを与える可能性があると考えられているプロジェクトを指揮しています。

カルダノのADAチームは、アフリカやその他の国の何百万人もの銀行口座を持たない個人のニーズに対応するためのブロックチェーンソリューションに取り組んでおり、ポルカドットは、ユーザーがコントロールできるWeb3の完全な分散型プラットフォームを可能にする「ムーンショット」プロジェクトのエコシステムの構築を続けています。

私は幸運なことに、暗号の分野で最も聡明な頭脳を持つ人々と多くの時間を過ごすことができましたが、イーサリアム、カルダノ、ポルカドットのそれぞれが、今後数年以内にビットコインよりも価値のあるものになることを確信しています。

FD7 Venturesはすでにビットコイン(BTC)をカルダノ(ADA)とポルカドット(DOT)に変換するプロセスを開始しており、3月中旬から下旬までに変換取引を完了する予定です。

FD7 Venturesとその保有銘柄の詳細については、fd7.venturesのウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。