ニュース, ブログ, ...

カルダノは現在三つの柱により完全分散化を進めています

カルダノは現在三つの柱により完全分散化を進めています。全ては2021年中に完了する予定です。三つの柱とは次の通りです。

  • ブロックプロダクション:カルダノコミュニティによるブロック生成
  • P2Pネットワーク:ノードのPeer to Peer接続の自動接続
  • ガバナンス:ADAホルダーの投票により今後のカルダノの開発管理、アップデートを行う。プロジェクトCatalyst

そしていよいよ次のエポックとなる日本時間:エポック257=シェリーエポック49 4月1日午前6時44分頃にカルダノコミュニティのステイクプールがカルダノネットワーク上のブロック生成の全責任を負う「完全分散化100%」が達成されます。

詳しくは「いよいよカルダノへスマートコントラクトがやって来ます!:ニュース動向&ステーキング状況エポック in 255」をご覧ください。

これついてCryptogazetteが伝えておいますので、合わせてご覧ください。

以下の記事はCryptogazetteの記事「Cardano Is Transitioning Into A Decentralized System」を翻訳したものです。

カルダノは分散型システムに移行している

カルダノは現在、分散型システムに移行しており、チャールズ。ホスキンソン氏がソーシャルメディアでこれについて語っている。以下の彼のツイートをご覧ください。

また、カルダノコミュニティは、

Hello Croatia! 明日、クロアチアのザグレブで、カルダノ・ブロックチェーン・クロアチアグループが主催する初のカルダノライブイベントが開催されます。これは、共通のCardanoへの関心を介して他の人々とつながるための素晴らしい機会です。ここで席を確保してください。

2021 Live Cardano Croatia Meetuphttps://www.meetup.com/ja-JP/Cardano-Blockchain-Croatia/events/277034490/

また、「アフリカの取引は、予想外に特別な委員会のサインが必要だった」ことも明らかになっています。その委員会は、3月25日にようやくプロジェクトに署名しました。

あと1回、大臣のサインがあれば、正式に発表できるとのこと。興奮しています。

あるフォロワーはこう言いました。

カルダノが最も非中央集権的になるのは、(1)SPOによるブロック生産(2)ネットワーク(3)ガバナンスのため。スツールの3本の脚だ。完成すれば止められない。

カルダノのスマートコントラクトが登場

カルダノは最近、様々な成果を上げて話題になっています。Cardanoに関する最新のニュースをチェックしてみましょう。

カルダノはイーサリアムに関連して話題になっています。

人気の暗号アナリストであるLark Davis氏が、Cardano対イーサリアムの論争について意見を述べています。彼は、それぞれのスマートコントラクトプラットフォームの長所と短所を取り上げています。Daily Hodlが引用したように彼は次のように述べています。

イーサリアムは、ブロックチェーン分野で最大の分散型開発コミュニティによって維持されています。開発者の面では、最も近いチェーンであるビットコインよりも何マイルも先を行っており、他のスマートコントラクトプラットフォームよりもはるかに先を行っているため、この点ではイーサリアムの優位性により、ほとんど関連性のない指標となっています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。