ニュース, ブログ, ...

IOG、「カルダノ」の新ノードソフトとP2Pのロードマップを公開

Crypto News Flashがカルダノ新ノードバージョン1.26.1とP2Pのロードマップについて記事にしており、カルダノのノードバージョン1.26.1には、パフォーマンスの向上と、スマートコントラクトのサポートに必要なコンポーネントの一部が含まれており、今後予定されているP2P通信は、ブロックチェーンを連合ノードに依存しないようにし、分散性を高めると伝えています。

下記の記事はCrypto News Flashの記事「IOG releases new node software for Cardano and roadmap for P2P」を翻訳したものです。

IOG、「カルダノ」の新ノードソフトとP2Pのロードマップを公開

By REYNALDO 2021年4月7日

Cardanoのノードバージョン1.26.1には、パフォーマンスの向上と、スマートコントラクトのサポートに必要なコンポーネントの一部が含まれている。
今後予定されているP2P通信は、ブロックチェーンを連合ノードに依存しないようにし、分散性を高める。

Input Output Global(IOG)は、カルダノのノードバージョン1.26.1をリリースしました。リポジトリにある仕様書によると、このリリースではパフォーマンスが「大幅に」向上し、追加機能が提供されるという。カルダノの発明者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、その展開を歓迎しています。

v1.26.1では、報酬計算時の一時停止がなくなり、多数のトランザクションを処理するリレーのCPUの負荷が軽減されるなどの改善点があります。さらに、新しいソフトウェアには、Alonzoハードフォークに対応するために必要な内部変更の「多く」が含まれており、スマートコントラクトプラットフォーム「Plutus」用のコンポーネントが統合されています。

ただし、Plutusの完全なサポートは後ほど行われる予定です。変更点の中には、Windowsビルドのドキュメントの拡張、鍵の有効期限が切れた場合でもKESを追跡すること、「失われた」ブロックの数を測定するための新しいメトリクス、その他、Cardano API、ネットワーク、台帳、コンセンサスなどが含まれています。また、IOGは、データベースの移行作業に10分から60分程度かかることをノード運用者に伝えました。

カルダノの非中央集権性の強化

一方、IOGのマーケティング・コミュニケーションチームのOlga Hryniuk氏は、ピアツーピア(P2P)接続を実現するためのロードマップの概要を説明した。ネットワークの耐障害性を強化し、分散化に貢献するための重要な要素であるP2P通信は、次のような目的を果たします。

ノード間の情報の流れを強化することで、ネットワークのフェデレーションノードへの依存度を下げ(最終的には外し)、カルダノの分散化を実現する。望ましい回復力を実現するために、IOGのネットワークチームは、高度なP2P機能を備えたネットワークスタックの改良に余念がありません。

Hryniukによると、P2P通信で導入される改善点は、プロトコルの変更を必要としないとのことです。IOGはP2Pの「アーキテクチャ」を導入し、ノード間通信を新たなレベルの分散化へと導きます。


まず第一に、一連の「ミニプロトコル」を導入して、「情報交換要件」の基盤を統合するという。これにより、例えば、ノードがチェーンの状態に関するデータをピアに与えることができるようになる。Hryniukが明らかにしました。

これらのミニプロトコルは、コンセンサスプロトコル「Ouroboros」をサポートしています。ネットワークサービスを最適化するために、チームは追加のプロトコルを実装しました。

これらのプロトコルには、ノード間の継続的な接続を維持する機能や、どのピアが最も接続性が良いかという情報を受け取る機能が含まれています。このネットワークサービスは、Windows、Linux、macOSの各OSに対応する予定です。

ネットワークを構成するノードはピアに分類されますが、P2Pガバナの一部として、コールドピア、ウォームピア、ホットピアに分けられます。

そうすることで、どのノードがアクティブなのかがわかるようになり、ブロックチェーン上でのピア発見プロセスが改善されます。

とHryniukは述べています。

IOGのネットワークチームは、P2Pガバナとノードとの統合の品質テストの最終段階に入っています。
P2P接続の展開は5つのステップに分かれており、まずは2021年第2四半期の初めにテストネットワークを構築します。その後、より多くのプロトコルがネットワークに統合され、ノード間の通信を容易にする新機能が追加されます。最後に、本格的な展開に向けた段階的な移行が行われます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。