ブログ, ラーニング, ...

AgeUSD:カルダノの最初のステーブルコイン

下記の記事はMaximilian Perkmannさんの記事「AgeUSD: The First Stablecoin On Cardano」を翻訳したものです。

AgeUSD:カルダノの最初のステーブルコイン

By Maximilian Perkmann 2021 Apr 15

時価総額第5位のコイン(ADA)を支えるブロックチェーンプロジェクトであるCardanoに、初のステーブルコイン「AgeUSD」が登場しようとしています。

今年初め、EMURGOは、Cardano上の最初の安定コインである「AgeUSD」の立ち上げを発表しました。AgeUSDは、Ergo財団、Emurgo、そしてIOHKの親会社であるCharles HoskinsonのInput-Output Global(IOG)の共同パートナーシップにより、Ergoブロックチェーン上で開発された新しいアルゴリズムのステーブルコインプロトコルです。しかし、Roman Pellerin氏によると、スマートコントラクト機能が解除され次第、AgeUSDはCardanoでも利用できるようになるという。

カルダノの創始者であり、ETHの共同創始者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が参加するとなると……期待できそうですよね?

EmurgoとCardanoは一緒に新しい安定コインを作った – pexels.com, edited by the author

カルダノ

もともとEthereumで働いていたチャールズ・ホスキンソン氏を中心に作られたブロックチェーンプロジェクトです。彼はInput Output Hong Kong(IOHK)という会社を設立しており、カルダノ財団や日本のエマーゴと一緒にカルダノの基礎やビジネスモデルを考えている。イーサリアムとの大きな違いは(DOTと似ていますが)。カルダノは、自社製のコンセンサスアルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」を用いたPoS(Proof of Stake)で動作するため、ETH 2.0もその方向性を目指しています。

汎用性があり、コミュニティを重視した設計になっているため、世界中のチームが新しいプロジェクトを構築できるようになります。最近のインタビューで創業者は、アフリカ大陸で政府を顧客として誘致することをほのめかしています。また、カルダノは「分散型金融」(DeFi)の分野でも位置づけが高まっている。

AgeUSD

Emurgoは、DAIなどのイーサリアムベースの暗号担保型ステーブルコインとは異なり、CDP(Collateralized Debt Position)に依存しないStaticoinプロトコルにインスパイアされたデザインを導入しています。その理由は、CDPベースのプロトコルには、高いボラティリティとブロックチェーンのオーバーロードという点で脆弱性があるからです。

Emurgoが述べるように、MakerDAOのCDPがボラティリティーのために清算のトリガーとなり、その後、ブロックチェーンのジャムによって他の人が入札できなくなったために0ドルで売却された「ブラック・サーズデー」は、新しいデザインが必要であることを実証しました。AgeUSDの場合、このシナリオはあり得ません。

その設計のおかげで、AgeUSDのプロトコルでは、ブラック・サーズデーに起きたシナリオはありえません。CDPがなければ、清算イベントや、清算が実際に正しく機能することを保証するためにユーザーが取引を行う必要性もありません(悪質な行為者がプロトコルから資金を盗むことはできません)。これらは、ステーブルコインの鋳造にCDPを使用することの本質的な脆弱性であり、エンドユーザーに多くのリスクを負わせることになります。- github.com

目標

Emurgoの目標は、「ブロックチェーンの過負荷時に故障する可能性のあるダイナミックなトランザクションのポストに頼るのではなく、プロトコル自体の数学の中で可能な限り自動化すること」です。これは、AgeUSDプロトコルが「すべてのステーブルコインの問題を解決する」ことを意味するものではありませんが、暗号分野における現在のトレンドに代わる、より高いセキュリティを持つプロトコルを作成する試みです。

“埋蔵金”

GitHubリポジトリによると、プロトコル内でプロトコルとやりとりする当事者は2種類あります。リザーブプロバイダーとAgeUSDユーザーです。前者は、Ergoのネイティブ通貨であるERGをdAppのリザーブに支払うことで、ERGのリザーブを表す「リザーブコイン」を鋳造します。プロトコルのユーザーもERGをdAppの準備金に入金しますが、代わりにAgeUSDを作成します。

これは、プロトコルでは、dAppの準備金比率を上回る十分な準備金がある場合にのみ許可されます。ユーザーは、いつでもAgeUSDをリザーブからERGに交換することができます。準備金提供者がこれを行えるのは、「ERGの価格が上昇した場合、または多額のプロトコル料が徴収され、既存の鋳造されたAgeUSDすべての価値に加えて追加のマージンをカバーした場合」のみです。

このように、リザーブプロバイダーは、AgeUSDユーザーが価値の安定性を享受できるようにします。準備金提供者は、潜在的なアップサイド(Ergsの価格が米ドルと比較して上昇することで準備金の価値が上がる場合)を吸収しますが、潜在的なダウンサイド(準備金の基礎となる暗号通貨の価格が下がる場合)も吸収します。- github.com

AgeUSDのプロトコル手数料のデフォルト設定は、1%のプロトコル手数料と0.25%のフロントエンド実装者手数料です。

結論 誇大広告とは何か?

Redditのあるユーザーは、AgeUSDのハイプについて自分の見解をまとめています。

  1. 重い研究から作られた安定したコインになる。これは、dai(およびscの波)を長い間観察し、ブラック・サーズデーの際に大量の担保を得ることになった欠陥を発見しました(ethがほぼ0ドルで売られていました、これをググってください!)そして、ステーブルコインが操作されない方法を見つけました。これは、他を支配する分散型のステーブルコインになるでしょう。
  2. ADAやERGを手に入れることができれば、誰でもアクセスできる分散型コインでもある。TetherやUSDCのように中央集権的な存在が背後にいるカストディアンコインではありません。
  3. AgeUSDは、エルゴとカルダノの両方にとって、最初のディフィ・プロジェクトの1つになります。これは、これらの2つのトークンの新しい実用性を意味し、両方のトークン/プロジェクトに価値を与えます。
  4. 4ageUSDの仕組みは素晴らしく、非常に興味深いディフィ・プロジェクトになります。銀行が融資額に対して準備金を持っていたように (最近では10~20%から0%になっていると思いますが…)、AgeUSDも同じように機能します。価格が1ドルに固定されるようにするには、プロトコルに準備金として機能するERGやADAを供給する必要があります。これらのコインを貸し出したユーザーは、それに対してリザーブコインを受け取ります。これらのコインは、準備銀行におけるERG/ADAとドルの価格の比率を表しています。今度はステーブルコインの形で「融資」を受けることができるようになりました。これらのユーザーは、ERGsやADAをAgeUSDと「交換」し、自分のトークンの$価値からわずかな手数料を引いた額を得ることができます。ーreddit.com

AgeUSDは、米ドルに連動した安定したコインを作るという新しいアプローチを試みています。技術的なセットアップは有望で、チームは強力です。私はAgeUSDの将来に可能性を感じています。

カルダノ(ADA)自体、シーンの中ではすでに高ランクの暗号通貨と言われています。

“ビットコイン “と “ADA “以外にも、インターネット上には3,000以上の通貨があり、その数はさらに増えていくでしょう。すべての暗号通貨が特定の用途に使えるわけでも、大衆に受け入れられるわけでもありません。ビットコインは誰もが認めるナンバーワンのインターネット通貨かもしれませんが、リップルやライトコイン、ADAなどがそれに続いています。特にカルダノの可能性は、PoSアルゴリズムによる取引処理の高速化、エネルギー効率の向上、透明性の向上など、その汎用性と問題解決能力の高さにあります」。(Maximilian Perkmann, Cardano: The New Kid On The Crypto Block?)

例えばDAIとの比較では、より小さなダウンサイドも存在する。DAIは複数の暗号通貨を担保にしているが、AgeUSDはADA/ERGのみを担保にしている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。