ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)が本日、ステークプールの第2ラウンドの代表者を終了。これは何を意味するのか?

下記の記事はU.TODAYの記事「Cardano (ADA) Finishes Second Round of Staking Pools Delegation Today. What Does This Mean?」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)が本日、ステークプールの第2ラウンドの代表者を終了。これは何を意味するのか?

By Vladislav Sopov Thu, 04/15/2021 – 10:33

“ADAを超えるもの”

本日2021年4月15日、カルダノ(ADA)の次のステージであるステーキングの申請手続きが終了します。そのため、ステーキングプール運営者(SPO)は、カルダノ(ADA)ノードバリデーターのコホートへの参加を申請するために、12時間しかありません。

代表団に応募する最後のチャンス

カルダノ(ADA)チームの公式発表によると、カルダノ(ADA)の第2シリーズのデレゲーションプロセスに参加することに興味のあるステーキングプールオペレーターは、深夜まで申請書を送ることができます。

カルダノ(ADA)がデレゲーション候補者からの申請を受け付ける

SPOからの申請は、今後数週間のうちにInput Output HKによって審査されます。このようにして、バリデーターとデレゲートの最終的なリストは、5月初旬にカルダノの開発者によって発表されます。

これは、SPOがブロック生産に完全に責任を負う場合に行われる初めての委任キャンペーンです。以前U.Todayが取り上げたように、カルダノ(ADA)は「フェデレーション」プールのシェアをゼロにしました。

“More than ADA”

カルダノ(ADA)開発チームは、完璧なバリデータの基準が厳しいことを改めて強調している。望ましいカルダノ(ADA)のステークプールは、規模が小さく、情熱的なチームによって管理され、技術的にも先進的です。

また、カルダノ(ADA)開発者は、ITNでのプール運営、技術貢献、GitHub PR、CIP、コンテンツ/マーケティング貢献など、カルダノ(ADA)ネットワーク参加者に「与える」アプローチの例を示しました。

最後に、デリゲーションへの参加を申請する際に、カルダノ(ADA)のSPOは自分のプールの環境認証を開示する必要があります。

このようにプロトコルでは、お金のためだけではなく、アイデアや技術のために参加する開発者を求めているのです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。