ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

カルダノのDeFiは、500万ドルのdeFIRE資金調達で実現に近づく

公式サイト:deFIRE

カルダノベースのスマート・オーダー・ルーティング・プラットフォームであるdeFIREは、Initial DEX Offering(IDO)に先立ち、500万ドルの調達に成功したと発表しました。

これは、カルダノネイティブトークンのための最初のフィアットオンランプおよびスワップソリューションとなり、トークン保有者は、あるカルダノトークンを別のトークンと直接交換することができるとcryptoslate.comが伝えています。

公式サイト:deFIRE

以下はcryptoslate.comに掲載された記事「Cardano DeFi moves closer to reality with $5M deFIRE fundraiser」を翻訳したものです。

カルダノのDeFiは、500万ドルのdeFIRE資金調達で実現に近づく

By Samuel Wan – May 14, 2021 at 8:00 am utc – 2 min read

deFIREは、Cardanoのための最初のフィアットオンランプとスワップソリューションです。

deFIREは、カルダノベースのスマート・オーダー・ルーティング・プラットフォームです。同社は、CryptoSlateで共有されたプレスリリースによると、木曜日に新進気鋭のInitial DEX Offering(IDO)に先立ち、500万ドルの調達に成功したと発表しました。

このベンチャーキャピタルによる資金調達ラウンドには、レガシー企業と暗号化専門企業の両方から大手企業が参加しています。開発のこの初期段階での強い関心は、deFIREとカルダノの両方にとって良い兆候です。

今回の新たな資本注入は、Morningstar、Cryptodromfund、SwissBorg Ventures、Lotus Capital、MoonWahle、Hype Partners、Axia8 Ventures、Newtribe Capital、GenBlock、Sheesha Finance、IBA、Exnetwork、Nodeseeds、CoinsGroupといった業界の重鎮が主導しました。

近づくカルダノのDeFi

これは、カルダノネイティブトークンのための最初のフィアットオンランプおよびスワップソリューションとなり、トークン保有者は、あるカルダノトークンを別のトークンと直接交換することができます。

deFIREプラットフォームは、トークスワップのための分散型取引所での実行サービス、DEX間のオーダールーティングサービス、ウォレットとDEX間の仲介サービスを提供します。

低遅延の分散型オーダールーターサービスを提供することで差別化を図り、機関投資家のオーダーフローオリジネーターやリテールトレーダーからの標準的な要求に対応することができます。

deFIREは、OccamRazorのローンチパッド・ソリューションでインキュベートされた最初のプロジェクトの一つです。オッカム・アソシエーションのマーク・バーガー会長は、アロンゾが稼働すれば、カルダノに大規模な流動性の流れが来ると予測しています。

今後の課題について、バーガー氏は、deFIREの「ロックスター」チームは、予想されるオーダーフローを信頼できる方法で処理するために、プロジェクトを適切に設計・実行していると述べています。また、競合他社はそれに及ばないとも述べています。

我々は、カルダノのエコシステムで名を馳せたロックスターの技術チームと、Changellyの幅広いビジネスネットワーク、その他のリソースを融合し、カルダノのための最初の最適な実行インフラを構築することで、この挑戦を受け入れます。最高のチームに率いられ、CWAPネイティブ・トークンを搭載したdeFIREは、競合よりも何光年も進んでいます。

deFIREトークンは、OccamRazerプラットフォーム上で開催されるIDOを通じて、発表される日にデビューします。

deFIREの今後の展開について

IDO前の500万ドルの資金は、開発の初期段階におけるトークンの流動性を高め、コミュニティのサポートを構築し、価格発見のテストを行うために使用されます。

IDOに続いて、deFIREは、DAO(Decentralized Autonomous Organization)の導入を通じて、エコシステムの分散型ガバナンスを開発する予定です。

DAOは、作成者や他の当事者から独立したオープンソースのコードであり、関連するエコシステムの改善と持続性のために命令を実行します。そのプロトコルは、ステークホルダーのコンセンサスによって決定されます。この仕組みは、スパム提案を防ぎ、悪質な行為を抑止するために、通常、トークンシステムによって運営されています。

deFIREには、たとえ初期段階であっても多くのことが期待されています。しかし、pre-IDO資金を手にしたことで、チームは期待に応えることに集中できるようになりました。

免責事項:CryptoSlateは、deFIREの財務的地位を保有しています。CryptoSlate は、ニュース、プロジェクト分析、およびその他の種類の報道と引き換えに、deFIRE のプライベートセールに参加する機会を与えられました。CryptoSlate はこの記事に対して報酬を得ていません。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。