ニュース, ブログ, ...

この新たなマイルストーンが意味する、カルダノの次なる展開とは?

bitcoinethereumnews.comは記事で、エコシステムが一貫して更新されていることから、カルダノのエコシステムには新しいユーザーが続々と参入しているとし、次のハードフォークであるアロンゾ(Alonzo)がさらに関心に拍車をかけるかもしれないと伝えています。

以下はbitcoinethereumnews.comに掲載された記事「What does this new milestone mean for what’s next for Cardano?」を翻訳したものです。

この新たなマイルストーンが意味する、カルダノの次なる展開とは?

05/24/2021Bitcoin Ethereum News

439.1億ドルの時価総額を持つカルダノは、プレスリリース時にはCoinMarketCapで4番目に大きな暗号通貨にランクされていました。さらに言えば、ADAの投資家は年初来で600%近いリターンを記録していた。しかし、このような価値の上昇は、エコシステムをより独立した持続可能なものにするための努力の結果であると言うことができます。

カルダノはアロンゾ(Alonzo)ハードフォークに近づく

2020年半ば、カルダノのシェリー(Shelley)アップグレードが稼働し、ネットワークコンセンサスの分散化の実現に貢献しました。これは、ネットワーク上のノードの大部分が、中央集権的なエンティティではなく、コミュニティによって運営されることを意味していました。実際、カルダノのロードマップの次のステップアップであるGoguenでは、ブロックチェーンに新しい機能性をもたらす予定です。これは、一連のハードフォークによって行われる。最近では、2021年3月のメアリー(Mary)ハードフォークで、ネイティブアセットのサポートを追加しました。

エコシステムが一貫して更新されていることから、カルダノのエコシステムには新しいユーザーが続々と参入しています。暗号空間のボラティリティがアルトコインの採用に勢いを与えているのは間違いありませんが、次のハードフォークであるアロンゾ(Alonzo)がさらに関心に拍車をかけるかもしれません。このアップデートにより、開発者はカルダノのブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築できるようになります。

ホスキンソンによると、ハードフォークを実施し、メインネットのスマートコントラクトをオンにするには、4~6週間のプロセスが必要になるという。インタビューの中で彼はこう述べています。

まもなく、パイオニアテストネットを立ち上げ、それを2ヶ月間運用し、6月末にフィーチャーフリーズする予定です。

重要なマイルストーンと今後の道のり

ここ数週間、Plutus Pioneer Programでは、カルダノ上での分散型アプリケーション(dApps)の開発に興味を持つ数千人の開発者のトレーニングを行ってきました。

さらに、大きな進展として、活発な市場とアップデートが行われている背景の中で、ブロックチェーンは最近、新たなマイルストーンに触れました。カルダノコミュニティのツイートによると、ブロックチェーンのADAウォレットが100万枚に達しました。

さらに、2,500のアクティブなプールに70%以上のADA、335億9,000万ドル相当が賭けられており、アルトコインへの需要が高まり続ける中、この数字はさらに上昇すると予想されています。カルダノはGoguenの開発を本格的に進めており、今後数ヶ月の間に、このような増加が見られても不思議ではありません。

不思議なことに、前述の展開はADAにとって困難な一週間の後に行われました。実際、最近の24時間の強気にもかかわらず、ADAは5月17日から23日の間に40%以上も下落しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。