ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン:イーサリアムは実際に自分自身を殺している、カルダノが戦いをリードしている

Yahoo Financeのチャールズ・ホスキンソン氏の動画が公開され、現時点で12.6万人がこの動画を視聴しており、チャールズさんはイーサリアムとビットコインに対してカルダノがどのような位置付けであるのかを語っています。

cryptoglobe.comの記事「チャールズ・ホスキンスン、カルダノ($ADA)が競合他社より優れている点を解説」に続いて、heraldsheets.comのYahoo Financeの動画に関する記事をご紹介します。

以下はheraldsheets.comに掲載された記事「Charles Hoskinson: Ethereum Is Actually Killing Itself, Cardano Is Leading the Fight」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン:イーサリアムは実際に自分自身を殺している、カルダノが戦いをリードしている

By Tobi Loba May 26, 2021

新興のスマートコントラクトプラットフォームであるカルダノ(ADA)を生み出したIOHKのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は最近、イーサリアムは現行のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムを新しいコンセンサスプロトコルであるイーサリアム 2.0に置き換えることを決定したことで、自滅しつつあると述べている。

ホスキンソン氏は、Yahoo Financeとの新しいインタビューの中で、第3世代のブロックチェーンプラットフォームであるカルダノは、現在、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の市場リーダーであり、覇権争いをリードしていると述べています。

チャールズ・ホスキンソン氏はこう指摘する。

我々はその戦いをリードしています。我々は市場に最初に登場しました…エンジンがBMWをBMWたらしめているわけではありません。それは一部だが、全体のエコシステム、全体の集合体が必要です。

イーサリアムが自滅しているというのは重要なことだ。イーサリアムをイーサリアム 2.0に置き換えているのです。つまり、イーサリアム2.0がイーサリアム1.0を殺すのです。だから、それがイーサリアムキラーだと思っています。

我々はよりホリスティックなことをやろうとしている。スマートコントラクトを処理できるかどうかだけではありません。スマートコントラクトを処理できるだけでなく、アイデンティティやコンプライアンスに対応できるか?メタデータでできるのか?自動化された規制に対応できるか?何十億人もの人々を対象としたスケールでそれができるのか?また、管理者が常にそばにいて面倒を見る必要のない、何らかのガバナンスの概念でそれを実現できるのか?

ガバナンスに関して、カルダノ(ADA)の生みの親は、イーサリアム2.0が頭を下げたことで、創設者が引退したり重要性を失ったりすると、エコシステムの存在意義が短くなると述べています。

また、時価総額で最大の暗号通貨であるビットコイン(BTC)を、その進化の遅さから木動力の蒸気エンジンに例えました。

システムを必死に進化させようとするビットコインのコア開発者たちはいます。しかし、コア開発者たちがスマートコントラクトやサイドチェーンなどの複数の改良を実装したいと思っても、何もできないのです。

イーサリアム(ETH)の他のプロトコルと比較した相互運用性

チャールズ・ホスキンソン氏は、オンチェーンガバナンスを実現することがカルダノ(ADA)の開発ロードマップの重要な部分であると繰り返し述べている。そのため、イーサリアムは、カルダノやポルカドットなど、サイドチェーンをネットワーク上で利用できるようにした他のブロックチェーンプロジェクトと比較して、相互運用性が低いことを指摘しました。

結論として、同氏はイーサリアム2.0とカルダノ(ADA)は焦点とユーザー層が異なるとし、両者は異なる技術と哲学に基づいて構築されていると述べている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。