ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン、イーサリアム2.0がカルダノにかなわない理由を語る

zycrypto.comがYahoo Financeにアップされたチャールズさんのインタビュー動画を記事にしています。Yahoo Financeによると、チャールズさんは、カルダノネットワークはイーサリアムのネットワークよりもはるかに進んでおり、イーサリアム 2.0のプルーフ・オブ・ステーク(proof-of-stake)アップグレードは、まだそれを変えることはできないと主張していると伝えています。

以下はzycrypto.comに掲載された記事「Charles Hoskinson On Why Ethereum 2.0 Is No Match For Cardano」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン、イーサリアム2.0がカルダノにかなわない理由を語る

By Nick James – May 27, 2021

Yahoo Financeによると、ADAのアーキテクトであるチャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノネットワークはイーサリアムのネットワークよりもはるかに進んでおり、イーサリアム 2.0のプルーフ・オブ・ステーク(proof-of-stake)アップグレードはまだそれを変えることはできないと主張しています。

何年もの間、カルダノはイーサリアムを打ち負かすブロックチェーンネットワークとして多くの人に喧伝されてきたが、これは今、一部の開発者がイーサリアムを捨ててカルダノブロックチェーンに移行しているという事実に表れているかもしれない。これは、カルダノがスマートコントラクトの機能に加え、ステーキングを導入した後のことです。カルダノは主にプルーフオブステークのブロックチェーンエコシステムです。

イーサリアムは自分自身を殺している

興味深いことに、チャールズ・ホスキンソン氏はカルダノが本当にイーサリアムを殺しているとは考えていない。彼の意見では、イーサリアムはプルーフ・オブ・ワーク(proof-of-work)からプルーフ・オブ・ステーク(proof-of-stake)ネットワークに切り替えるという方針の変更によって、すでに自滅しているという。

ホスキンソン氏は、カルダノはプルーフ・オブ・ステーク型ブロックチェーンのスターとして広く知られており、ETH 2.0がそのワゴンに参加しようとすることは、イーサリアムがチームが必死に追いつこうとする中で、カルダノの後塵を拝することを意味すると主張している。

また、チャールズは、イーサリアムのガバナンスシステムには欠陥があり、現在のリーダーが引退した場合、残ったチームがシステムを進化させるのは難しいと考えています。

一方、カルダノはオンチェーンガバナンスのサポートと改善に力を入れており、その努力はDe-Fiのステーキングとスマートコントラクトに対応した最新のアップグレードのリリースに結実している。

カルダノがイーサリアムより優れている理由

カルダノとイーサリアムは、技術や考え方、ユーザー層が全く異なる。それについてチャールズ氏は、カルダノはアフリカの何百万人もの人々をブロックチェーンコミュニティに参加させるために力を入れているが、イーサリアムはそれを気にしていないようだと指摘した。

また、イーサリアムは相互運用性を見事にサポートしておらず、カルダノはそれをシームレスに往復して見せている。その点では、カルダノ、コスモス(Cosmos)、ポルカドット(Polkadot)などのブロックチェーンの方がイーサリアムよりも優れています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。