ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏、カルダノがプルーフ・オブ・ステークのマーケットリーダーであると主張

5月26日のYahoo Financeのチャールズ・ホスキンソン氏へのインタビューで、カルダノがプルーフ・オブ・ステークのマーケットリーダーであると主張したことをcryptoknowmics.comが伝えています。

以下はcryptoknowmics.comに掲載された記事「Hoskinson Claims Cardano is the Market Leader in Proof-of-Stake」を翻訳したものです。

ホスキンソン氏、カルダノがプルーフオブステークのマーケットリーダーであると主張

by Jafrin Ahmed 2021年5月27日

カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノがプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake)ブロックチェーンコンセンサスのマーケットリーダーは、彼自身が設立した会社であると主張し、「我々はその戦いをリードしている」と比喩的に付け加えた。

エンジンがBMWをBMWたらしめているわけではありません。エンジンはその一部ですが、全体のエコシステム、全体の集合体が必要なのです。

カルダノはPoSのマーケットリーダーです。チャールズ・ホスキンソン

5月26日、チャールズ・ホスキンソン氏はYahoo Financeのインタビューに登場し、カルダノが「Ethereum Killer」として描かれているにもかかわらず、実際にイーサリアムを殺すのは次のアップデートであるイーサリアム 2.0だけだと述べています。

また、Cardano、Polkadot、Cosmosのようなサイドチェーンのための特別な規定を設けているプロトコルと比較して、Ethereumの相互運用性が低いことを批判しています。

5月15日、ホスキンソンは、シャーク・タンクのスターであり、ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンに、イーサリアムに対するカルダノの優位性を説明した。

彼によると、イーサリアムがプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークに移行することで実現しようとしていることを、カルダノはすでに達成しているという。

ホスキンソン氏は次のように述べています。

昨年、我々は初の持続可能なプルーフ・オブ・ステークシステムを達成しましたが、これはイーサリアムが現在イーサリアム2.0でやろうとしていることであり、失敗しています。そして、第3世代のシステムの多くは、私たちが行ったことに触発されたか、同等のものです。

チャールズ・ホスキソン氏がカルダノの優位性を説明

ホスキソンはさらに、カルダノはプログラミングの知識とともに、さまざまなスキルを持つ開発者に広く対応しているという。一方、イーサリアムは、イーサリアム専用のプログラミング言語「Solidity」でコーディングできる開発者のみに限定されている。

ホスキンソンは言う。

Solidityの開発者は8万人しかいません。Dot Net開発者やJava開発者などの開発者は世界中に2,500万人います。

さらにホスキンソン氏は、カルダノが4年間の交渉の末、エチオピアでブロックチェーンを使った取引を成立させたことを誇らしげに自慢し、こう語る。

私たちは500万人分の取引を成立させることができました。それは2,000万人以上に成長する予定で、これは私たちの業界において単一の取引としては最大ではないにしても最大級のものです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。