ニュース, ブログ, ...

カルダノのボス、死にかけている銀行システムにお別れを告げる

newsbtc.comが、チャールズ・ホスキンソン氏は自身の動画「Thoughts on the Market and the Ecosystem」で、レガシーな金融システムに対する非難の考えを述べ、暗号通貨がより良い方法を提供するために引き継がれると結論付けたことを伝えています。

以下はnewsbtc.comに掲載された記事「Cardano Boss Says Good Riddance To Dying Banking System」を翻訳したものです。

カルダノのボス、死にかけている銀行システムにお別れを告げる

by Samuel Wan May 31 2021

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、レガシーな金融システムに対する非難の考えを述べ、暗号通貨がより良い方法を提供するために引き継がれると結論付けた。

銀行システムが自ら招いた結果

暗号通貨と銀行の敵対関係については、多くのことが語られています。銀行システムは、資本金とユーザー数の両方の点で、暗号通貨よりも上位に位置していますが、ホスキンソン氏は、この状況は変わると信じています。

後戻りはできないし、変えられない。その魔法使いを瓶に戻すことはできません。中央銀行は消えていくでしょう。従来のレガシーバンクも消えていくでしょう。

彼がそう考える理由は、銀行システムに組み込まれた縁故主義と利益誘導にあります。これらはすべて、しばしば絶望的で選択肢のない状況で、「小さな人」から搾取するために共謀しているのです。

親の面倒を見るためにお金を家に移すために、世界で最も貧しい人々に15%を請求したのは私たちではありませんでした。それは古いシステムを運営していた人たちです。干ばつに見舞われて必死に生き延びようとしている自給自足の農家に100ドルを貸すのに85%の金利を取るのは、この業界の私たちではありませんでした。

さらにホスキンソン氏は、銀行システムが犯罪行為に加担していることを問題視しています。麻薬資金のロンダリングや食用油プログラムなどの例を挙げながら、ホスキンソン氏は暗号通貨こそがこの問題を解決する手段だと言い切りました。

我々の業界がリスクを抱えているとは決して言わせない。私たちの業界こそが、私たちが発見した過剰、汚職、縁故主義の解毒剤となるのです。この業界はフラストレーションの溜まる業界ですが、今では創造性と革新性のある業界に変わっています。私たちは世界を変えようとしています。

スマートコントラクトに向けて準備を進めるカルダノ

銀行システムへの攻撃を先導するという意味では、カルダノはその課題に立ち向かえるプロジェクトとして注目されています。しかし、暗号通貨業界全体がそうであるように、それはまだ進行中のものです。

しかし、先週、開発者であるInput Output Global (IOG)は、カルダノのスマートコントラクト展開の最終段階である出荷の進捗状況を明らかにした。

現在、同社は「アロンゾ・ブルー(Alonzo Blue)」のステージに取り組んでおり、Plutusのパイオニアと一部の「アルファ・パートナー」が、初のアロンゾ・テストネットに取り組んでいます。

「アルファ・パートナー」は、オラクル、DEX、貸し借り、安定コイン、NFT、DeFiツールなど、さまざまなダップスを構築するために起用されています。

この段階では、コード環境を安定させるためにバグを発見し、修正することを目的としています。残りの「アロンゾ・ホワイト、パープル(Alonzo White and Purple)」ステージでは、テストネットがより多くのテスターに開放されます。アロンゾ・パープル “の段階では、8月に予定されているパブリックロールアウトに向けて、プロトコルがほぼ完成しています。

「スマートコントラクトのおかげで、カルダノはレガシーシステムを破壊する暗号通貨プロジェクトの1つになるでしょう。」とホスキンソン氏は述べています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。