ニュース, ブログ, ...

ヴィタリック・ブテリン氏がカルダノを攻撃、チャールズ・ホスキンソン氏が反撃

Decryptがヴィタリック・ブテリン氏とチャールズ・ホスキンソン氏が決定的な開発アプローチの違いを記事で紹介しています。このアプローチの違いがイーサリアムとカルダノの決定的な違いを生んでいると言えるでしょう。

以下はdecrypt.coに掲載された記事「Vitalik Buterin Takes Swipe at Cardano, Charles Hoskinson Strikes Back」を翻訳したものです。

ヴィタリック・ブテリン氏がカルダノを攻撃、チャールズ・ホスキンソン氏が反撃

by Ekin Genç 2021年6月5日

Vitalik ButerinとCharles Hoskinsonは、デザインアプローチの違いを誰の目にも明らかにしました。

概要

  • イーサリアムの共同創業者であるヴィタリック・ブテリン氏は、ブロックチェーンの設計において「ヒューリスティック・アーギュメント」と呼ばれる実践的な解決策を好むが、カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は異なる。
  • イーサリアムの共同創業者でもあるホスキンソン氏は、カルダノが「エビデンスに基づくソフトウェア」というアプローチを貫くのは、ユーザーの金銭やプライバシーに関わるリスクが高すぎるからだと述べている。

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリク・ブテリン氏は、ポッドキャスターのレクス・フリードマン氏に「学術的な厳密さは過大評価されている」と語り、イーサリアムの元共同創設者であるチャールズ・ホスキンソンが率いる暗号プロジェクトであるカルダノを攻撃したようだ。

このようなプロジェクトでは、「何でもかんでも学術的に証明することを重視している」とブテリン氏は述べています。これに対し、ブテリン氏は、「イーサリアムは、より速く、より多くのことをやろうとしていることもあり、ヒューリスティックな議論をより平気で行う傾向があります。」と述べています。

ブテリン氏はヒューリスティックとは、理論的に汚れのない公式ではなく、実用的な解決策で解決する問題を指しています。一方、カルダノのアップデートは、変更のたびにピアレビューを行う厳格な学術委員会の承認を得なければならない。

ホスキンソン氏は、カルダノのデザインがイーサリアムのそれを改善していると主張している。彼は、2013年にプロジェクトを構築していたときに、その意見によってイーサリアムの開発者たちから不評を買ったという。

ホスキンソン氏は2019年にDecryptに、「イーサリアムのエコシステムでは多くの人が私を嫌っています。彼らは私のことをモンスターだと言い、私が関わった唯一の理由はイーサリアムを傷つけたかったからだと言います。」

ブテリン氏は、研究者が最大の失敗を見逃すことが多いため、深い学術的な厳密さよりもヒューリスティックスを選んだと語った。

彼は、モデル外の失敗の例を挙げた。”利己的”なビットコイン採掘とは、採掘者が結託して新たに採掘されたブロックをパブリック・ブロックチェーンから隠し、希少性によって高い利益が得られるプライベート・ネットワークで後から公開するというものだ。

利己的なマイニングは、コーネル大学の研究者であるEmin Gün SirerとIttay Eyalが、ビットコインが登場してから4年後の2013年に発表した論文で初めて指摘しました。この問題は、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトのような研究者には考慮されていませんでした。

「結局のところ、あなたが達成しようとしていることは、形式言語では完全に記述できないのです。これは、AIの安全性を追求する人たちの大きな発見です。」とブテリン氏は語っています。

彼は「ペーパークリップ・マキシマイザー」という例えを挙げました。遠い未来、誰かが超知的なAIに、できるだけ多くのペーパークリップを作るよう依頼します。そのAIは、原子でできている人間はクリップの材料として最適であると結論づけ、人類を滅亡させてしまいます。

厳密な設計では、そのような失敗は考慮されないことが多い、とブテリンは考えている。彼は、数十億ドル相当のミームトークンを含む、AIの安全性を向上させる組織に多くの資金を寄付しています。

チャールズ・ホスキンソン氏は、今週末に開催される「Bitcoin 2021」カンファレンスに(ブテリン氏と一緒に)参加しているマイアミのホテルの部屋からビデオスピーチでブテリン氏に答えた。

ホスキンソンは、「私はたまたま、私たちのやり方がもう少し成熟していて、責任感があると信じています。なぜなら、私たちのやり方は、私たちが構築するシステムが失敗しないことをより確実にするからです。」と述べ、万が一の場合にはユーザーのお金とプライバシーが危険にさらされると説明しました。

もしも開発を急ぎ、変更を加えられないほど採用率が高まれば、「悲劇的で残酷な欠陥のある」ソフトウェアになってしまうかもしれないという。

反例としてホスキンソン氏は、2018年と2019年に346人の死者を出したボーイング737型機の墜落事故を挙げた。彼は、この墜落事故は、ソフトウェアの不具合がいかに悲惨な結果をもたらすか、そして技術設計においてなぜ精度が重要なのかを示していると述べた。ただし、ニューヨーク・タイムズ紙の調査では、墜落事故の原因は技術的な失敗ではなく、規制の問題であると後に結論づけられている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。