ニュース, ブログ, ...

カルダノがグレースケール社のデジタル・ラージキャップ・ファンドの第3位の保有銘柄となる

カルダノがグレースケールのデジタル・ラージキャップ・ファンドの3番目の保有銘柄になったことをu.todayが報じています。

以下はu.todayに掲載された記事「Cardano Becomes Third-Biggest Holding of Grayscale’s Digital Large Cap Fund」を翻訳したものです。

カルダノがグレースケール社のデジタル・ラージキャップ・ファンドの第3位の保有銘柄となる

By Alex Dovbnya 07/02/2021

大手暗号通貨アセットマネージャーのグレースケールは、カルダノ(ADA)をデジタル・ラージ・キャップ・ファンドに追加したことを金曜日に発表した。

最大のプルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンのネイティブな暗号通貨は、現在4.26%のシェアでファンドの第3位の保有銘柄となっている(ビットコインとイーサリアムに次ぐ)。

グレースケールは、デジタル・ラージ・キャップ・ファンドのビットコインの保有率を第1四半期末の79.8%から67.47%へと大幅に切り下げた。

また、カルダノを追加した以外にも、イーサリアムの保有率を17.5%から25.39%に増やしている。

グレースケールの財務担当副社長であるエドワード・マクギーによると、今回のリバランスは、暗号通貨市場全体を反映したものになっているという。

私たちは、分散されたファンドがデジタル資産市場全体の70%をまとめて構成する資産を安全に保有できるように取り組んでおり、デジタル・ラージ・キャップ・ファンドのポートフォリオにカルダノを迎えることができました。

ビットコインの優位性は第2四半期に大きく低下し、現在は45.7%にとどまっていることがCoinMarketCapのデータで示されています。イーサリアムやカルダノなどのアルトコインが王者のシェアを削っています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。