ニュース, ブログ, ...

ウォール街はカルダノに注目している?

グレースケールの大規模ファンドにカルダノを追加することは理にかなっており、ウォール街はカルダノに注目していることと、その理由をambcrypto.comが伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Is Wall Street eyeing Cardano?」を翻訳したものです。

ウォール街はカルダノに注目している?

By Biraaj T 2021年7月4日

ほとんどのアルトコインは、弱気な市場がチャートを揺るがすときに、高額な価格を支払います。ビットコインとイーサリアムが評価額の下落を先導する一方で、他の資産は通常、その出番に追随することしかできません。しかし、2021年のカルダノにはそのようなことはなく、第5位の資産は相対的な強さを維持しています。

ADA/USDTのトレーディングビュー

10月の初めから、カルダノの価値は2276%という驚異的な上昇を見せている。最新の市場崩壊では、カルダノの価値は40%しか下がりませんでした(プレスリリース時点)。イーサリアムは、5月19日以降、ADAよりも大幅に下落しています。

さらに、1ドル台はトークンによって安定的に維持されており、市場全体で弱気の圧力が減少していることから、この資産は今後数週間で回復する可能性があります。しかし、カルダノにはもっとポジティブなカタリストがあるかもしれません。

グレースケールでカルダノが第3位の保有率、ウォールストリートがやってくる?

グレースケール(Grayscale)からの最近の発表によると、同組織はビットコインやイーサリアムなどと並んでカルダノを大型ファンドに追加した。カルダノは現在、4.26%の配分でファンドの第3位の保有銘柄となっています。カルダノはこれまで検討リストに入っていましたが、直接上場したことで、チェインリンクやビットコインキャッシュなど、ADAよりもずっと前に上場していた資産の上にトークンが躍り出たことは注目に値します。

グレースケールの開発は、プロジェクトに投資しようとしている認定された投資家への直接アクセスを可能にするため、ADAにとって大きな意味を持ちます。グレースケールは2021年1月にCardano Trustを申請していましたが、現在、その大規模ファンドにトークンを追加することは理にかなっています。しかし、その理由は?

5月19日の暴落時に資本流入が確認された

ビットコインを巡ってESGの議論が繰り広げられ、一部では市場を暴落させた原因の1つとされているが、投資家はプルーフ・オブ・ステークの資産に注目していた。実際、Coinsharesによると、19日のメリー号の暴落後、カルダノには機関投資家の資産から1,100万ドルの資金が流入したという。

同時期にビットコイン市場では1億1500万ドルの大幅な資金流出が発生している。つまり、グレースケールがアクセス可能であることを明らかにする前から、機関投資家はこのプロジェクトに注目していたことが推察されるが、カルダノが次の展開を見せることで、その価値はさらに高まる可能性がある。

スマートコントラクトの追加は、注目を集めるパートナーシップにつながるか?

可能性はある。カルダノは最近、初のPlutusスマートコントラクトをアロンゾ(Alonzo)テストネットで公開し、7月中にさらなる開発が行われる予定だ。スマートコントラクトの機能を追加し、最終的に実装することで、カルダノネットワーク上でdAppsの作成が可能になることを意味する。

イーサリアムが高い評価を得た特定のドメインが、カルダノではプログラム可能になり、その実用性が高まることになる。ウォールストリートはすでにこの分野に群がっており、彼らがカルダノへの配分について公に発言するのもそう遠くはないだろう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。