ニュース, ブログ, ...

カルダノがビットコインを抜いて、eToroの顧客が最も保有する暗号通貨となる

eToroの新しいデータでは、前四半期(Q2)に保有されている暗号資産の数が増加していることが明らかになり、カルダノがビットコインを抜いて、eToroの顧客が最も保有する暗号通貨となったことをcityamが伝えています。

以下はcityam.comに掲載された記事「Cardano leapfrogs Bitcoin as eToro clients’ most-held cryptocurrency」を翻訳したものです。

カルダノがビットコインを抜いて、eToroの顧客が最も保有する暗号通貨となる


By Darren Parkin Tuesday 6 July 2021 12:39 pm

投資家は、今期の市場調整にもかかわらず、小規模な暗号通貨の可能性に自信を深めている兆候を示しており、eToroの新しいデータでは、前四半期(Q2)に保有されている暗号資産の数が増加していることが明らかになりました。

おそらく驚くべきことに、カルダノのADAはビットコインを抜いて2021年の第2四半期に最も多く保有された通貨となり、前四半期に比べて51%増加しました。年初に暗号資産の強気の動きをリードしたビットコインは、需要が42%増加して人気を維持しました。

しかし、ADAに抜かれて1位から2位に転落しました。

eToroのcrypto market analystであるSimon Peters氏は、カルダノのネイティブなADAトークンの成長とユースケースの可能性は、明らかに投資家に多くの魅力を提供したと述べた。

第2四半期にカルダノは、現在テスト段階にある次期ハードフォーク「アロンゾ」のロードマップを明確にしました。

成功すれば、カルダノブロックチェーン上で初めてスマートコントラクトの書き込みと展開を可能にすることで、スマートコントラクト機能をもたらすことになります。

このアップグレードは、開発者がネットワーク上でプロジェクトを構築することを可能にし、カルダノがイーサリアムなどの真の “ライバル “としての地位を確立する上で、重要な意味を持ちます。

と述べています。

ADAの価格は前四半期に15%上昇しており、アロンゾ(Alonzo)ハードフォークと、イーサリアムに長期的に挑戦するカルダノの能力に対する投資家の楽観的な見方を示唆しています。

人気の高まり

今年に入ってから220%の価格上昇を見せたイーサリアムは、資産を保有する投資家が79%増加したことで人気も高まりました。これは、今月末に予定されている待望のロンドン・ハードフォークを前にしたもので、ネットワークに機能性が追加され、来年予定されているセレニティ(ETH 2.0)のアップグレードに備えたものとなります。また、イーサリアム1.0のガス料金の支払い方法を変更するEIP-1559のアップデートも行われます。これにより、基本料金は市場価格に合わせて調整され、マイナーにチップを渡すことで取引を高速化するオプションも用意されています。

サイモン・ピーターズ氏は、次のように述べています。

暗号資産は、価格変動の面で大きな節目を達成し、機関投資家からの投資が増加したことで、従来の金融サービスのエコシステムでの採用が進むなど、エキサイティングな1年となりました。

“この新興資産クラスは、金融サービスのさまざまな側面に革命をもたらし続けており、長期的なファンダメンタルズは依然として強固です。しかし、過去数ヶ月間に見られたように、道のりには段差があり、ボラティリティーは継続すると予想されます。

エネルギー使用量などの問題が大きな話題になっていますが、今後数ヶ月間はさらにエキサイティングな展開になるでしょう。再生可能エネルギーの割合が増えて採掘者をサポートするようになるかもしれませんし、最近禁止された中国に代わって、他の国々が資産採掘の主要な担い手となるかもしれません。

見出しがどうであれ、個人投資家の皆様には、暗号に投資する際にはリスクに留意し、投資する前に調査を行うことをお勧めします。

2021年第2四半期に世界のeToro顧客が最も保有しているクリプトアセット



順位:クリプトアセット:2021年第1四半期の順位:2020年第2四半期の順位

1: カルダノ(ADA):2: 6
2 :ビットコイン(BTC): 1: 2
3 :イーサリアム(ETH): 4: 3
4 :xrp (xrp): 3: 1
5 :ドージェコイン(DOGE): N/A: N/A
6 :トロン(TRX): 6: 13
7 :ステラ(XLM) :5 :5
8 :イオタ(miota): 8: 11
9 :ライトコイン(LTC): 7 :4
10 :イーサリアムクラシック(ETC) :12: 9

出典:eToro

次のビットコイン」を求めて分散する投資家たち

主に時価総額の大きい暗号資産に注目が集まっていますが、第2四半期に最大の動きを見せたのは、トロン(TRX)とイーサリアムクラシック(ETC)を筆頭とする小型の暗号資産でした。特に、トロン(TRX)は、今年の第1四半期と比較して、第2四半期に同資産を保有するグローバルユーザーが163%増加し、イーサリアムクラシックは、前四半期比で151%増加し、前年同期比で247%の増加となりました。

ピーターズ氏は、”多くの投資家がコインの一部しか所有できないビットコインやイーサだけに注目するのではなく、低価格のコインへの需要が高まっている”と説明しています。

“多くの個人投資家にとって1ビットコインを所有することは手の届かないことであり、多くの投資家はADA、MIOTA、TRXのような1ドル前後の価格で購入できる安価なコインを探しています。

アルトコインの出現と人気の高まりは、暗号化のエコシステムがより強固になり、多様性が増し、使用事例が増えていることを意味しています。投資家が価値の保存にとどまらず、インフレなどの増大する問題をヘッジするだけでなく、他の資産が直面する可能性のある解決策を提供できると考え、ポートフォリオを開放しているのは素晴らしいことです。

とピーターズ氏は述べています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。