ニュース, ブログ, ...

SECは次はカルダノやポルカドットを狙うことができるのか?

ambcryptoは、米国の規制当局SEC(米国証券取引委員会)が、ほとんどのICOを有価証券の販売とみなしている問題に関連して、カルダノやポルカドットについてジェレミー・ホーガン弁護士の見解を伝えており、カルダノがその問題に該当しないことを伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Can the SEC go after Cardano or Polkadot next?」を翻訳したものです。

SECは次はカルダノやポルカドットを狙うことができるのか?

By Namrata Shukla 2021年7月9日に公開

規制に関する懸念は、世界中の暗号通貨や関連ビジネスに迫っている。XRPのような暗号資産が米国証券取引委員会[SEC]によって証券であると非難され、バイナンス(Binance)があちこちで厳しい警告に直面していることから、暗号業界は慎重な姿勢を崩さないほうがいいかもしれません。

米国でのXRPの運命が法廷で長々と議論されていることから、他のアルトコインは、SECがノックしてくる前にデジタル資産としての地位を確保したいと考えるかもしれません。特に、ポルカドットやカルダノのようにトレーダーから大きな投資を得ることに成功したプロジェクトは。

DOTとADAはSECの罠を退けることができるか?

SECによると、証券とは、購入者が購入したものの価値を高めるために販売者に依存しているような価値で販売または譲渡されるものを指します。

ジェレミー・ホーガン弁護士によると、SECは、暗号通貨を一定の方法でマーケティングするだけで、売り手と買い手の間に利益を得るための共通の事業があったという証拠になると主張して成功しています。つまり、その定義は、”過去80年ほどの間にさらに引き伸ばされた “とさえ言えるのです。

また、SECはほとんどのICOを有価証券の販売とみなしており、ADAやDOTを含む多くのプロジェクトを危険地帯に追いやっています。しかし、ホーガン氏によると、ADAは日本でICOを行ったため、米国でのICOによる法的な複雑さを回避することができたといいます。暗号に対してリベラルな国であることから、ICOの約95%は日本国民への販売であり、そこからアメリカへの販売のために取引所への販売が行われたという。

SECは日本に管轄権を持っていないため、カルダノを証券法違反で引っ張ることはできません。これでADAは、少なくともアメリカの規制の観点からは安全なプロジェクトとなりました。

しかし、DOTにとっては状況が良くないと弁護士は付け加えた。

ポルカドットのプラットフォームを設計・設定したWeb3財団は、2017年に複数のICOを実施し、これまでに約2億ドルを調達したとされています。これらのICOは、Polkadotプラットフォームが完全に機能する前に行われたもので、これによりSECの定義に近いものとなっています。

ホーガン氏はこう説明する。

なぜなら、トークンを使用するためのプラットフォームが存在する前にトークンが販売された場合、トークンの本質的な価値はゼロに等しいからです。

さらに悪いことに、初期トークンの50%は投資家に提供され、8.4%は(取引所のような)プライベートセールの投資家に提供されたとも指摘しています。それどころか、11.6%は将来の資金調達のためにWeb3財団が保有し、30%はインフラの開発・構築のためにWeb3に割り当てられた。

悪い話のように聞こえるかもしれませんが、Web3 Foundationは米国外に設立された非営利団体です。そのため、SECの規制対象外となっています。また、中国やアメリカでは、SECが懸念していたように、ICOの販売が禁止されています。

DOTが証券の性格を持って販売されたという結論を巡ってSECが取引所を攻撃した場合、これらの防御策がすべて活かされることになる。国内の取引所がICOのようにDOTを販売した場合、SECの鉄槌が下される可能性があります。

SECの最近の行動を考慮すると、暗号化プロジェクトは防御策の準備を始めた方がいいかもしれません。ADAはSECの規制の投げ縄を避けることができるかもしれないが、DOTはそれほど幸運ではないかもしれない。DOTが本当に規制当局に引っ張られるかどうかは、時間が経ってみないとわからないでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。