ニュース, ブログ, ...

カルダノ財団が初めて実施するNFTAは、通常のNFTと何が違うのか?

カルダノ財団は、開発者ポータルサイトをオープンさせ、これを記念して、カルダノ・ブロックチェーン上で世界初のNFTAを鋳造されたことを、また、通常のNFTと何が違うのか?についてcrypto-economy.comが伝えています。

以下はcrypto-economy.comに掲載された記事「What sets Cardano Foundation’s first-ever NFTAs apart from regular NFT?」を翻訳したものです。

カルダノ財団が初めて実施するNFTAは、通常のNFTと何が違うのか?

By Alice P Jacobs July 13, 2021

カルダノ財団の初のNFTAは、通常のNFTと何が違うのか?

カルダノ(ADA)は、爆発的な成長を遂げてきました。今回は、世界初のNFTAが鋳造されました。1つ、2つではなく、合計10個のNFTAを用意しました。

野心的なロードマップのおかげで、カルダノプロトコルは、自らを「ブロックチェーンのインターネット」と位置づけようとしているコミュニティの心をつかむことができました。そして、新しい開発者ポータルの立ち上げを記念して、カルダノ財団(Cardano Foundation)は、非ファンジブル・トークンの世界に足を踏み入れることを含む、ちょっと面白い行動を思いつきました。

しかし、それにはちょっとした工夫があります。組織は、カルダノブロックチェーン上で鋳造された、世界初のNFTAを鋳造しました。正確には10個です。これは、感謝の気持ちを表す非ファンジブル・トークンです。財団によると、問題のNFTAは、開発者ポータルを承認するカルダノ・コミュニティメンバーのサムズアップ写真に基づいています。これらのNFTAは、ポータルを支持するキャンペーンビジュアルとして機能します。

また、これらのキャンペーン資産の所有権は、コミュニティのメンバーに帰属します。これらのNFTAのQRコードをスキャンすると、非課税の感謝の証であるトークンの所有権が明らかになります。

しかし、カルダノのNFTAは、通常のNFTAとどのように違うのでしょうか。その答えは、ブランド&コミュニケーション部門の責任者であるSidney Vollmer氏が教えてくれました。

これらのNFTがさらに異なるのは、各NFTAには、そのNFTAの受信者がカルダノ開発者ポータルで自分が選んだトピックやプロジェクトを強調するための、譲渡不可能な1回限りの機会を表すトークンが付いていることです。

カルダノの新しい開発者ポータル、それは何ですか?

カルダノを運営する非営利財団であるカルダノファウンデーションは、カルダノ開発者ポータルのロールアウトを記念して、このNFTAの鋳造を発表しました。

The cardano developer portal is live! 🚀

これを記念して、私たちはカルダノブロックチェーン上で世界初のNFTAを鋳造しました。

新しいコンテンツとリソースで、カルダノでの構築がより簡単になりました

このポータルをあなたのものにしましょう!#cardano #cardanocommunityhttps://t.co/bhrfzavrtx pic.twitter.com/rxyn1ugr7n

カルダノ財団 (@cardanostiftung) 2021年7月12日

この待望のプラットフォームは、コミュニティの開発者が検討した50以上のローンチに関する記事をワンストップで提供することを目的としています。つまり、最新のコンテンツやリソースを提供するということです。

開発者コミュニティのリーダーであるTommy Kammerer氏は、このプラットフォームについて自信を持っていることを明らかにしました。また、このポータルは、何ヶ月にもわたって書き、磨き、チェックした結果であり、カルダノのメインネットで現在可能なものはすべて含まれていると述べています。

さらに、Kammerer氏は次のように述べています。

トランザクションメタデータの実装、ネイティブトークンの鋳造、カルダノの統合、ステークプールの運営、プロジェクトの資金調達など、ほとんどすべての人が何かを求めています。それも、スマートコントラクト機能を導入するアロンゾ・ハードフォークの直前に。そう、私はとても興奮しています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。