ニュース, ブログ, ...

ルワンダのNGOがカルダノ財団と提携し、ADAクリプト・チャリティ・プラットフォームを開始

ルワンダのセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)は、カルダノ財団(Cardano Foundation)とパートナーシップ契約を結んだことを発表し、暗号通貨を支持する最新のNGOメンバーとなったことをnews.bitcoin.comが伝えています。

以下はnews.bitcoin.comに掲載された記事「Rwanda-Based NGO Partners With Cardano Foundation to Launch ADA Crypto Charity Platform」を翻訳したものです。

ルワンダのNGOがカルダノ財団と提携し、ADAクリプト・チャリティ・プラットフォームを開始

ルワンダのセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)は、カルダノ財団(Cardano Foundation)とパートナーシップ契約を結んだことを発表し、暗号通貨を支持する最新のNGOメンバーとなりました。

ADAによる寄付

プロジェクトの当事者が発表した声明によると、この協定は、カルダノが “ADAの寄付金が仲介者なしでプロジェクトに直接届くような支払いゲートウェイを設置した “ことで可能になりました。受け取った寄付金は、“アフリカを拠点とし、子どもや家族、若者への影響が証明されている社会事業に投資される “とのことです。

すでに、開始から数時間で約22,000ADA、約30,000米ドル相当の寄付が、このシステムを通じて行われているとのことです。一方、セーブ・ザ・チルドレンのルワンダの国別責任者であるマギー・コルデは、クリプトとブロックチェーン技術が同国の学童をどのように支援できるかを説明しています。彼女は次のように述べています。

カルダノを通じて、ルワンダのセーブ・ザ・チルドレンは、暗号通貨ADAのスターターポットを手に入れ、子どもたちのためのプロジェクトに展開することができます。しかし、ブロックチェーンを通じて、第一に学校のデジタル記録などの取り組みを通じて子どもたちの生活に直接影響を与えること、第二に組織としての効率性や透明性を高めることなど、数え切れないほどの可能性があります。

セーブ・ザ・チルドレンの新たな道

同様に、セーブ・ザ・チルドレンのシニア・アドバイザーであるエットーレ・ロセッティも、今回のパートナーシップがまた “組織にとってエキサイティングな新しい道 “をもたらしたことを称賛しています。彼女はまた、ブロックチェーン技術によって可能になる他のソリューションについても語っています。ロセッティはこう言います。

暗号通貨による貢献だけでなく、ブロックチェーン技術を使って、サプライチェーンをより効率的にし、取引をより透明にし、無条件の現金引換券の形で分散化されたユニバーサル・ベーシック・インカムによって世界の貧困を終わらせることができるとしたら?それは、持ち続ける価値のある夢だと思います。

100年以上前に設立されたセーブ・ザ・チルドレンは、現在10億人以上の子どもたちに支援を行っていると言います。また、セーブ・ザ・チルドレンは、善意の人々からビットコインによる寄付を受け付けた際、暗号通貨を支持した「最初のグローバルNGO」であると主張しています。この寄付金は、2013年に東南アジアを襲った台風「ハイヤン」への対応に使われました。

暗号通貨による寄付の増加

セーブ・ザ・チルドレン以外にも、デジタル通貨での寄付を受けているNGOには、2017年12月に暗号寄付の受付を開始したGive Wellがあります。また、別のNGOであるインドのCrypto Covid Relief Fundは、最近、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏から数百万ドル相当の柴犬トークンを受け取ったと報じられています。ユニセフのような他の団体が暗号寄付を受け入れているのは、これらが資金調達とNGOの分野で前例のないレベルの透明性を提供するからです。

暗号通貨の受け入れに加えて、ルワンダのセーブ・ザ・チルドレンは、最近立ち上げられたKumwe Hubを通じて、アフリカ全土のイノベーションとインパクト投資を結びつける取り組みにも参加しています。この取り組みでは、”国境を越える子どもたちの学業成績、難民のためのデジタルID、経済的に排除された人々のための融資メカニズムなどのプロジェクトが、プロジェクトを通じて試験的に実施される予定です。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。