ニュース, ブログ, ...

カルダノは新しいテストネットでスマートコントラクトの立ち上げに近づく

カルダノのブロックチェーン開発チームであるIOHKは7月15日、同プロジェクトのテストネット「アロンゾ(Alonzo)」が「ブルー(Blue)」から「ホワイト(White)」に正式に移行したことを発表、これにより、エコシステムでは待望のスマートコントラクト機能の拡充が実現するとcointelegraphが伝えています。

以下はcointelegraph.comに掲載された記事「Cardano grows closer to launching smart contracts with new testnet」を翻訳したものです。

カルダノは新しいテストネットでスマートコントラクトの立ち上げに近づく

By LANDON MCBRIDE 2021年7月17日

カルダノのブロックチェーン開発チームであるIOHKは7月15日、同プロジェクトのテストネット「アロンゾ(Alonzo)」が「ブルー(Blue)」から「ホワイト(White)」に正式に移行したことを発表しました。これにより、エコシステムでは待望のスマートコントラクト機能の拡充が実現します。

ハードフォーク成功。本日19時44分(UTC)頃、#Alonzoテストネットを新しい#AlonzoWhiteノードにフォークすることに成功したことを報告します。新しいネットワークでは、すでにブロックを作成しています。1/5

インプット・アウトプット (@InputOutputHK) 2021年7月14日

アロンゾ・ブルー(Alonzo Blue)と呼ばれていた以前のテストネットでは、スマートコントラクトの機能がいくつか提供されていましたが、これらは限られたインサイダーにしか提供されていませんでした。昨日のアップグレードにより、約500人の検証者、ステークプール運営者、開発者が、今後これらの機能をテストできるようになります。

アロンゾ・ホワイト(Alonzo White)は2週間から4週間稼働した後、アロンゾ・パープル(Alonzo Purple)と呼ばれる現在の開発フェーズの最終テストネットにアップグレードされる予定です。

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、ブロックチェーンコミュニティからの反発にもかかわらず、YouTubeの動画の中で、プロジェクトの開発ロードマップに沿ってすべてが順調に進んでいると述べ、カルダノネットワーク全体で1,000万ドル以上のNFTと「何万もの資産」が売却されたことを指摘しました。アロンゾ・ホワイト(Alonzo White)がメインネットにリリースされると、開発者はdAppsやNFTなどを立ち上げることができるようになります。

アロンゾ・ホワイト(Alonzo White)の発表に続いて、Spores NetworkというNFTとDeFiのマーケットプレイスが、7月16日に230万ドルの資金調達に成功したことを発表しました。同社は、カルダノの取引コストの低減、カーボンフットプリントの低減、取引スループットの向上を活用して、NFTをメインストリームのユーザーに提供したいと述べている。

関連記事 スイスの銀行がピカソの絵のNFT株を1枚6,000ドルで発行

ドルチェ&ガッバーナやファンタジーサッカーのプラットフォームなど、成長を続けるNFT市場に参加する企業やアーティストが増えていることから、ネットワークに多くのNFTを導入することは、カルダノとそのユーザーにとって大きな利益につながる可能性がある。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。