ニュース, ブログ, ...

カルダノ:アロンゾのHFCイベントへの「カウントダウンを始められる」のは…

チャールズ・ホスキンソン氏は自身の動画で、新しいノード、新しいウォレットを導入した場合、これらのパーツが統合されるまでには、通常、1~2週間かかり、統合が完了した時点で、その設計と元帳のルールに問題がなければ、ハードフォークプロセス(HFCイベント)へのカウントダウンを開始することができると述べています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Cardano: ‘We can begin the countdown’ to Alonzo HFC event when…」を翻訳したものです。

カルダノ:アロンゾのHFCイベントへの「カウントダウンを始められる」のは…

By Namrata Shukla 2021年8月2日

カルダノは最近のエコシステムの中で最も顕著なプロジェクトの1つで、その進捗状況からイーサリアムのようなものとの比較をする人もいるほどだ。現在はGoguenの時代で、アロンゾ(Alonzo)によってスマートコントラクトの機能を追加する予定です。しかし、アロンゾは、少なくともしばらくは待たなければならないようです。

予定されていたわけではありませんが、アロンゾのアップグレードのメインネットへの展開は2021年8月に予定されていました。これは、まだテストネットの段階であるため、前倒しされる可能性が高くなっています。

2部構成の変更点を見る

IOHKのチャールズ・ホスキンソンによると、メインネットでのアロンゾ(アップデート)は、まだ数週間先になるそうです。その際、同氏は、ネットワーク上で行われる2つの部分からなる変更についても明らかにしました。

まず、最近のVlogでアロンゾのハードフォーク・コンビネーター・イベントを取り上げ、ホスキンソン氏は次のように述べています。

今度のハードフォークコンビネーターイベントは、厳密にはアロンゾの機能をノードに導入することであり、Plutusコードが提出されていれば、それらの取引を有効に実行できることを意味しています。

一方、2つ目のイベントは、そのノードの周りにインフラを構築することです。これにより、オフチェーンとオンチェーンの両方のコードが可能になると同時に、システム内部での完全なDAppsの構築が促進されることが期待されます。ホスキンソンはこう付け加えました。

…つまり、最初の部分はハードフォークが必要とされるもので、それ以外はすべてソフトウェアです。基本的には、あなたが書いたものがコンパイルされ、Plutusのコアで実行されます。

HFCイベントの前哨戦

最初のアロンゾ(Alonzo) HFCイベントに参加するためには、チームはまずいくつかのことに対処する必要があります。それぞれのアクションは現在進行中です。例えば、チームは機能するノードに完全に統合されたバックエンドを必要としていました。ノードの入手は完了しましたが、バックエンドの統合はまだ完了していません。

IOHKの幹部によると、これは来週までに完了するとのこと。その後、ダイダロス・ウォレットも統合する必要があります。

新しいノード、新しいウォレットを導入した場合、これらのパーツが統合されるまでには、通常、1~2週間かかります。統合が完了した時点で、その設計と元帳のルールに問題がなければ、ハードフォークプロセス(HFCイベント)へのカウントダウンを開始することができます。

と述べています。

アップデートのタイミング

今回のアロンゾのアップデートは、コミュニティにとって興味深いタイミングで行われました。ここ最近のADAの低調な価格推移と相まって、一部の人たちはこのプロジェクトの信頼性を疑問視し始めています。実際、ホスキンソン氏は、カルダノには何百ものアセットが存在し、何千ものDAppsが存在するだろうと予測しており、これを批判する声も少なくありません。

さらに、Polymarketによると、ほとんどの人が、10月1日までにCardanoがメインネットでスマートコントラクトをサポートできないことに賭けているという。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。