ニュース, ブログ, ...

カルダノはまだ需要があるが、もう一回ラリーできるか

強力なファンダメンタルズと、機関投資家と個人投資家の両方から注目されていることを考えると、カルダノの価値は今後数ヶ月で倍増する可能性が高いとambcryptoが伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Cardano is still in demand, but is it enough for another rally」を翻訳したものです。

カルダノはまだ需要があるが、もう一回ラリーできるか

By Lavina Daryanani August 4, 2021

2017年に発売されて以来、カルダノの価格は乱高下にさらされてきました。しかし、ここ数週間はADAにとってかなり単調なものでした。

2021年初頭、カルダノの価格は大きく上昇しました。3月には2018年のATH(1.18ドル)を突破しました。その後、その上昇はさらに勢いを増し、チャート上の高値を更新しました。実際、5月16日にはADAの市場価値は2.47ドルとなりました。しかし、5月のフラッシュクラッシュ以降、全体の暗号市場は強力なプルバックの末期にあります。

現在、カルダノも負けてはいるが、市場の他のアルトに比べてかなり良いペースで回復しています。さらに、この記事を書いている時点では、前回のATHレベルが強力なサポートとして機能しているようです。

ソース ADA/USDT – TradingView

実際、過去数ヶ月の間に、カルダノは機関投資家とリテールの両方の需要を集めることができました。この要因は、大体においてこのアルトの価格が維持されるのに役立っています。

機関投資家はまだ興味があるのか?

今年の最初の6ヶ月間は、2000万ドルがカルダノに注ぎ込まれた。ビットコインやイーサリアムに対する機関投資家の関心が低下した後、5月だけで1,000万ドルがカルダノ市場に流入しました。

実際のところ、ADAはグレースケールの大型ファンドで3番目に大きな保有銘柄となっており、現在4.26%の配分を誇っています。さらに、カルダノは過去数ヶ月の間に、Lykke CorpやCOTIなどと一連の注目すべきパートナーシップを結んでいます。

機関投資家からの投資と注目を集めるパートナーシップの流れは、ネットワークとアルトコインの両方にすぐに結果をもたらしました。この成果は、時間の経過とともにさらに大きくなることが期待されます。

特に、環境の持続可能性という要素は、機関投資家がこのアルトコインに夢中になっている主な理由の一つです。さらに、今後数ヶ月の間に予定されているエコシステムを中心とした開発により、現時点では「大きな」市場参加者にとってこの暗号はさらに魅力的なものとなっています。

個人投資家の需要はありますか?

投資家はいつでも安定したROIを求めており、ステーキングはそれを提供することができます。カルダノの小売需要も数ヶ月の間に増加しています。ここでは、ステーキングの流行にも正当な評価を与える必要があります。例えば、Staking Rewardsのデータによると、ADAの年間報酬は現在、4~6%の範囲で推移しています。

実際のところ、ADAのステーキング金額は最近では大きな落ち込みはありません。つまり、投資家は長期的にHODLINGしていると言ってもいいでしょう。例えば、ADAをステーキングしているウォレットの数は、ほとんどが20k~30kの範囲で推移しています。また、最近では1月の安値を下回ることはほとんどありません。

Source: ADA Pools

強力なファンダメンタルズと、機関投資家と個人投資家の両方から注目されていることを考えると、カルダノの価値は今後数ヶ月で倍増する可能性が高いでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。