ニュース, ブログ, ...

カルダノ:アロンゾもそうですが、ホスキンソン氏の計画には他にもこんなものがあります

Surprise AMA August 1st, 2021

チャールズ・ホスキンソン氏の動画AMAセッションで、カルダノ・ネットワークや今後のアップグレードについての通常のアップデートにとどまらず、今後の可能なプロジェクトを示唆したこととその内容についてambcryptoが伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Cardano: Alonzo, yes, but here’s what else is in Hoskinson’s plans」を翻訳したものです。

カルダノ:アロンゾもそうですが、ホスキンソン氏の計画には他にもこんなものがあります

By Anjali Jain August 5, 2021

最近のAMAセッションで、カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏は、ネットワークや今後のアップグレードについての通常のアップデートにとどまらず、今後の可能なプロジェクトを示唆しました。彼は、彼の開発会社であるInput-Output HK(IOHK)が長期的に行う可能性のあるプロジェクトを示唆しました。

Djedというステーブルコイン

先月、ホスキンソン氏は、IOHK独自のステーブルコイン「Djed」の作成を発表しました。これは、「暗号化されたペッグ式アルゴリズムのステーブルコイン」で、後にネットワークのスマートコントラクトプラットフォームであるPlutusに実装されることになっています。 Djedのホワイトペーパーは現在完成しており、詳細なブログ記事とともにまもなく公開される予定です。

さらに彼は、ステーブルコインのユースケースと、グローバルファイナンスにどのように貢献するかについても明らかにしました。同氏によると、Djedのデザインを利用してCBDCを作ることについて、多くの政府と交渉しているとのことです。

CBDCは、最終的には分散型中央銀行の設立につながります。

アルゴリズムでステーブルコインと政府系ファンドを組み合わせて、国外での取引手数料から価値を生み出し、実験的にユニバーサルベーシックインカムを実現できるかどうか、私たちはとても興味があります。

これは、インフレや価値の下落を懸念する小国が同意することだと、彼は付け加えました。

ギャップを埋めるために

暗号ATMにカルダノのネイティブトークンであるADAが含まれていないことについて質問されたCEOは、別の興味深い計画を持っていました。彼はこう明かしました。

なぜなら、キャッシュインとキャッシュアウトの点でマイクロバンクに相当するからです。先進国では普及していますが、発展途上国では普及していませんから。

IOHKはエチオピア政府と提携し、ブロックチェーンを使って生徒の成績を追跡するシステムを構築しているので、これは大きなニュースだと思います。

NIPOPOW

ホスキンソン氏は、カルダノネットワークへのNIPOPOWS(Non-Interactive Proofs of Proof-of-Work)の実装についても語りました。IOHKが昨年リリースしたこのサイドチェーン技術は、ブロックチェーンの通信と相互運用を可能にするものです。

彼らのウェブサイトによると、このプログラムは “ブロックチェーンネットワークに接続することなく、またすべてのブロックヘッダーをダウンロードすることなく、プルーフ・オブ・ワークベースのブロックチェーン上でイベントが起こったことを検証するために検査することができる “とのことです。

NIPOPOWはいつカルダノネットワークに実装されるのか?ホスキンソン氏は、今後3~5年の間に行われることを期待しています。

ラッピングされたビットコインやラッピングされたライトコインのような外国の資産からマルチチェーン、マルチアセットになると、ブリッジだけを信頼して鋳造するのではなく、ラッピングされた資産の1つがシステムに入ってくることに意味があり、証明がついてきます…外国の資産についての確実性のレベルに合わせて、汎用的な証明フレームワークを作ることができると思います。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。