ニュース, ブログ, ...

Alonzoのアップグレードが完了したカルダノは、大きなパートナーシップを示唆している

CryptoNewsFlashによると、カルダノはスマートコントラクトの導入を終え、すでに60以上のDappsが構築されています。また、カルダノ財団のブランド・広報責任者であるSidney Vollmer氏がツィートした”カルダノサミットで発表するパートナーシップの中には、「人々の心を揺さぶるものがある」”という言葉を引用し、カルダノは大きなパートナーシップを示唆していると伝えています。

以下はCrypto-news-flash.comに掲載された記事「With Alonzo upgrade complete, Cardano hints at big partnerships in the works」を翻訳したものです。

Alonzoのアップグレードが完了したカルダノは、大きなパートナーシップを示唆している

By STEVE MUCHOKI 16. 2021年9月

  • カルダノ(ADA)がCardano Summitで発表するパートナーシップの中には、「人々の心を揺さぶるものがある」とCardano FoundationのSidney Vollmer氏は述べています。
  • 今やスマートコントラクトに対応したネットワークには、すでに60以上のDAppsが構築されています。

先週末、カルダノ(ADA)はAlonzoのアップグレードを終了し、それに伴いスマートコントラクト機能を有効にしました。このプラットフォームは、イーサリアム(Ethereum)やそのライバルとなるネットワークと同様の機能を持つようになりました。スマートコントラクトの開始が間に合うのか、あるいは全く開始されないのか、皮肉屋たちは疑っていましたが、それが間違いであることが証明されました。今、新たに統合された能力を持つADAに注目が集まり、時間とともにどのような展開を見せるのかが注目されています。

この点について、カルダノ財団のブランド・広報責任者であるSidney Vollmer氏は、次のようなツイートでコミュニティをおちょくりました。

自慢したいわけではありませんが…。

自慢したいわけではありませんが、#CardanoSummitで発表するパートナーシップの中には、人々の心を揺さぶるものがあります。私たち@CardanoStiftunが、世界をより良く変え、一緒に楽しむチャンスを得られることに感謝しています。

ぜひご覧ください。

注目すべきは、カルダノサミットは、カルダノコミュニティ、投資家、その他エコシステムに関わる人々の最新情報を提供する年に一度のイベントであるということです。今回のアップデートを受けて、今度のイベントはこれまでで最大のものになるかもしれません。

アロンゾアップグレード後のカルダノ・グランドパートナーシップ

カルダノの計画が実際にどのようなものであるかについての公式声明はありません。このネットワークは、根拠のない主張をしたり、リリース日前にニュースを発表したりしないという評判を守っています。これらのパートナーシップの詳細は、まもなく開催される「カルダノサミット」で発表されます。カルダノサミットは、ライブとバーチャルの両方のイベントで構成され、9月25日から26日まで開催される予定で、現在登録受付中です。現在のところ、新しいパートナーが誰になるのか、イベントの講演者のリストは示唆されていません。

一方、ネットワーク上では、分散型アプリケーション(DApps)の開発が進んでいます。cardanocrowd.comによると、すでに約60のDAppsが利用可能となっています。これらの中には、Space Budz NFT、Nami wallet、ゲームなどが含まれています。これらはすべて、クラウドファンディング、ガバナンス、保険、ソーシャル、アイデンティティなど、さまざまなカテゴリーに属しています。

将来的には、イーサリアム(Ethereum)を超えるような “心躍る “パートナーシップが実現するかもしれません。このブロックチェーンは、さまざまな意味で『イーサリアム(Ethereum)よりも優れている』と言えます。カルダノは、より高いスケーラビリティ、ピアレビューされた技術、低い取引手数料を備えています。また、プルーフ・オブ・ワークの代わりに環境に優しいプルーフ・オブ・ステークを使用し、デュアルレイヤー、分割計算、アカウンティング機能を備えています。

しかし、カルダノの創始者であり、イーサリアムの共同創始者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏は、エコシステムには共存の余地があると強調しています。それぞれのネットワークは、他のネットワークにはないユニークな特徴を持っているかもしれません。

現実的な期待

とはいえ、Input Output Global(IOG)のマーケティングディレクターであるティム・ハリソン氏は、ADAへの期待を管理する必要があると考えています。同氏はブログで、「エコシステムが大規模な発展を遂げるまでには、まだ時間がかかるかもしれません」と書いています。また、ユーザーからの支持が得られるまでにも時間がかかるでしょう。

カルダノのウォッチャーは、アップグレード後すぐに消費者が利用できるDAppsの洗練されたエコシステムを期待しているかもしれません。ここでは、期待値を管理する必要があります。

ハリソン氏が指摘するように、イーサリアムでさえ、最初にヒットしたDApps(CryptoKitties)ができるまで、立ち上げから2年かかっています。したがって、Vollmer氏の熱意にもかかわらず、カルダノはまだ長い道のりを歩んでいます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。