ニュース, ブログ, ...

カルダノはDeFiアプリケーションの第2の波のために作られました:創業者チャールズ・ホスキンソン氏の言葉

チャールズ・ホスキンソン氏によると、カルダノはDeFiアプリケーションの第二波のために作られ、第一世代は、アイデンティティと分散型政府に焦点を当てた新しい波のDeFiプロジェクトに取って代わられるだろうと語ったことをCoinpediaが伝えています。

以下はCoinpedia.orgに掲載された記事「Cardano was Created for the Second Wave of DeFi Applications ! Says Founder Charles Hoskinson」を翻訳したものです。

カルダノはDeFiアプリケーションの第2の波のために作られました。創業者チャールズ・ホスキンソンの言葉

By Sara K 2021年9月18日

カルダノが新しいスマートコントラクトを計画

アロンゾ(Alonzo)ハードフォークをコミュニティが期待していたのは、Plutusスクリプトで構築されたスマートコントラクトがカルダノ・ネットワーク上に浮上したのが、その起動後だったからである。カルダノ・プラットフォームでは、分散型アプリケーション(dApps)やDeFiプロジェクトが可能になりました。

カルダノのブロックチェーンには、週明けの導入から4日間で4万件以上のスマートコントラクトが書き込まれており、その大半はdAppsのリリースを控えた開発者によるものです。

この数字から、エコシステム上でDeFiへの取り組みが急増し、ブロックチェーンの利用率が高まり、ADAの価値が上昇する可能性があると予想されます。

チャールズ・ホスキンソン氏によると、カルダノはDeFiアプリケーションの第二波のために作られたという。米国証券取引委員会(SEC)は、現在の分散型金融アプリケーションを取り締まったり、規制したりする可能性があります。

ホスキンソン氏は、第一世代は、アイデンティティと分散型政府に焦点を当てた新しい波のDeFiプロジェクトに取って代わられるだろうと信じています。

DeFiスペースにおける将来の勝者は、流動性と相互運用性、マルチチェーンを動かす能力を持つことになるでしょう。そして最後に、コストの予測可能性が重要なポイントになります。ビジネスを行う上での価格が大きく変動することを、私たちがどのように許容しているのか、とても不思議です。

ホスキンソン氏は、市場はまだカルダノの設計上の決定の多くに気づいていないという。来年中に現在商用化されているアプリケーションが稼動すれば、ブロックチェーンネットワークには何百万人ものユーザーがいることになる。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。