ニュース, ブログ, ...

究極のスケーラビリティを実現するためのソリューション詳細

UTODAYがカルダノが発表した「究極のスケーラビリティを実現するためのソリューション」であるHydraを使って新しいプラットフォームがどのようにスケーリングできるかについて伝えています。

参考記事:「Hydra:究極のレイヤ2スケーラビリティを実現するカルダノのソリューション

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano to Have “Ultimate” Scalability with This Solution: Details」を翻訳したものです。

究極のスケーラビリティを実現するためのソリューション詳細

By Vladislav Sopov

Input Output Global(IOG)の開発者がdAppsのエコシステムを進めるためにHydra L2のスケーラビリティソリューションを導入

  • 同型のステートチャンネルでEUTXOを進化させる。Hydraとは?
  • フレキシビリティがもたらすスケーラビリティ

メインネットでのAlonzoハードフォークの起動から1週間後、カルダノ(ADA)の開発スタジオであるInput Output Globalは、Hydraを使って新しいプラットフォームがどのようにスケーリングできるかについての詳細な説明を発表しました。

同型のステートチャンネルでEUTXOを進化させる。Hydraとは?

IOGのソフトウェア・エンジニアリング・リードであるSebastian Nagel氏のブログ記事によると、Cardano(ADA)のスループットは、ステート・チャンネルに基づいた新しいオフチェーン・スケーリング・ソリューションであるHydraによって向上します。

ステートチャネルの概念は、2017年に第一世代のイーサリアム(ETH)のスケーラビリティネットワーク「Raiden」によって開拓されました。CardanoのHydraは、計算をオフチェーンに移動させ、メインネット上のトランザクション圧力を軽減します。そのため、カルダノ(ADA)は決済層としてのみ機能する。

Hydraはグローバルコンセンサスを必要としないため、分散型アプリケーションのスピードとパフォーマンスを向上させることができる。Hydraのアイソモーフィックな状態のチャンネルインフラには、パラレルなHydra Headsがあります。

有効化されると、カルダノのネイティブアセット、NFT、Plutusスクリプトは、同時に複数の「ヘッド」内で並行して実行することができる。このような設計は、開発者も含めて、カルダノ(ADA)の「究極」のスケーリングの進展を可能にします。

フレキシビリティがもたらすスケーラビリティ

2021年第4四半期までに、Input Output Globalの開発者はHydraノードの「プルーフ・オブ・コンセプト」をすでに展開しています。2021年9月25日~26日に開催される予定のカルダノサミットでは、開発者向けのプレビューが実演される予定です。

U.Todayが以前取り上げたように、カルダノのHaskell開発者であるMatthias Benkort氏は、HydraがEthereumのArbitrumと比較して持つ数多くの利点を示しました。

カルダノの発明者であるIOGのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、2021年9月3日にテストネットのスマートコントラクトのリリースで問題が発生し、批判を受けた際に、カルダノの混雑を防ぐための潜在的な手段として、L2ソリューションを挙げている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。