ニュース, ブログ, ...

CNBC-TV18のインタビュー:カルダノのインド進出を阻んでいる本当の理由

カルダノの創設者チャールズホスキンソン氏は、CNBC-TV18のインタビューに出演、カルダノのアフリカ進出に比べ、インドへの進出を阻んでいる理由について述べています。

インドは暗号資産についての規制が明確でない点を挙げており、これついては今後の規制の枠組みが明確になれば喜んで協力すると述べています。

また、インドの巨大なデジタルIDシステム「Aadhar」について語り、これらの例は、これらのシナリオにおけるブロックチェーンベースのソリューションがいかに「貴重」であったかを示しているとAmbcryptoが伝えています。

以下はAmbcrypto.comに掲載された記事「Africa, yes, but here’s what is really stopping Cardano from entering India」を翻訳したものです。

アフリカはそうだが、カルダノのインド進出を阻んでいる本当の理由はここにある

By Anjali Jain on September 24, 2021

インドは、これまで多くの企業が、投資や浸透のための潜在的に有利な市場として注目してきました。特に、世界第6位の経済規模を持ち、最も若い人口を抱える国の1つであることを考えるとなおさらです。

この点は暗号業界も例外ではなく、このアジアの国にはすでに暗号ユニコーン、トップネットワーク、膨大な数の参加者が存在しています。

しかし、この国のエコシステムへの参入には、まだ障壁が残っています。カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、最近のインタビューの中で、自分のネットワークがアフリカのようにこの国に進出しなかった主な理由を強調しています。

その理由として、IOHKのCEOは「暗号通貨の規制が明確でない」ことを挙げています。ホスキンソン氏によると、この不確実性は、そうでなければ非常に “有望 “であったはずの業界を “本当に傷つけた “という。

今年の初め、カルダノはそのブロックチェーン技術をアフリカに拡大していました。現在、アフリカ大陸では、いくつかのブロックチェーンベースのプロジェクトがさまざまな段階で開発されています。

その中でも最も顕著なのは、カルダノがエチオピア政府と提携して、同国の学校の生徒のためのIDシステムを構築したことだ。これにより、学生の学業成績やその他の関連情報を追跡することができます。

また、インタビューの中でホスキンソン氏は、インドの巨大なデジタルIDシステム「Aadhar」を挙げています。Aadharは、13億人の人口と、ワクチンなどの製品を大量生産するための複雑なサプライチェーンの仮想記録を保持しています。同幹部によると、これらの例は、これらのシナリオにおけるブロックチェーンベースのソリューションがいかに「貴重」であったかを示しているという。

さらに、ホスキンソン氏によれば、インドのカルダノコミュニティも非常に強力で起業家精神にあふれているという。このことは、国中で機能している巨大なカルダノのステークプールが証明しているという。

また、この成長は “時が経てばさらに上昇する “と考えている。

とはいえ、インドでは「暗号が合法かどうかがはっきりしていない」ため、インド進出の計画は保留にせざるを得ない。ホスキンソン氏は下記のように付け加えました。

…規制の明確化が進めば、喜んで協力します。インドは、私たちが深く関心を持っている非常に重要な市場です。

インドでは、今後数カ月のうちに暗号通貨法案が議会に提出される予定で、その準備が進められています。これにより、投資家と開発者の双方が、この業界の法的枠組みについてより明確になる可能性があります。最近の報道によると、仮想資産は商品として分類される予定で、政府はそのための税制を構築しようとしているようです。

それでも、この業界はインド全土で広範囲に渡って繁栄しています。ホスキンソン氏によると、インドの暗号化の旅の次のステップは、流動性の実現です。インドにはベンチャーキャピタルのエコシステムが存在しないため、多くの新規プロジェクトや企業が資金調達に苦労しており、”成長と社会的流動性の障害となっている “とのことです。

しかし、そのような小規模な企業をトークン化することで、資金調達が容易になる可能性があります。また、人々が投資したものに「所有権を与える」ことにもなる、とホスキンソン氏は結論づけた。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。