ニュース, ブログ, ...

カルダノの素晴らしい一年の行方 by CoinQuora

カルダノブロックチェーンネットワークの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏が、自身の動画『Brief Update』で、カルダノをスケーラブルにするプロジェクトの一環として、ネットワークはアップグレードされ、開発者がネットワーク上でスマートコントラクトを構築できるようにPABが導入される予定だと発表。

また、ホスキンソン氏は、カルダノチームが南アフリカでのツアーの後、ブルンジ、ザンジバル、ケニア、エチオピア、エジプトを訪問する予定。最後の訪問先はエジプトで、投資家やパートナーと交流する予定。また、ホスキンソン氏は、数え切れないほどの会議があり、その中には3人の国家元首との会議も含まれていることを明らかにしました。

Brief Update:チャールズ・ホスキンソン (@IOHK_Charles) 2021年10月18日

以下はCoinQuoraに掲載された記事「Cardano’s Great Year Ahead By CoinQuora」を翻訳したものです。

カルダノの素晴らしい一年の行方 by CoinQuora

by Trend Crypto News 10月20日, 2021

スマートコントラクトのローンチ後、カルダノはスケーラビリティの実現に向けて動き出します。

Cardano (ADA)の創設者であるCharles Hoskinsonは、暗号コミュニティに向けて、Cardanoに関するあらゆる情報を発信しています。具体的には、ライブ放送で行いました。

ホスキンソン氏は現在、アフリカの各地を旅しているため、放送は南アフリカから行われました。彼は、ここには多くの潜在的な機会があり、この旅行中にもっと学ぶことを楽しみにしていると言います。

今回のアップデートの目的は、暗号の世界におけるこのプロジェクトのネガティブで不確かな話題を和らげることです。ホスキンソン氏は、先月Alonzoスマートコントラクトのアップデートを発表して以来、起こっているすべてのことについて、率直かつ透明性を保ちたいと考えていました。

率直に言って、ホスキンソン氏は、この分野でのFUDの高まりに非常に困惑しています。彼によると、これまでのところ、カルダノはロードマップ上のすべてのマイルストーンを、遅れも問題もなく達成しています。ネットワークが崩壊したことはありませんし、カルダノのコミュニティは成長し続けています。

否定的な人たちを安心させるために、ホスキンソン氏はカルダノの現在の計画を説明している。まず、懸念されているのはスケーラビリティに関するものが多いようだという。今月末から来月初めに予定されているPABの発表で、この問題は解決されるでしょう。

さらに付け加えると、Goguenの目標はネットワークの番組モデルを設定すること。同様に、Bashoの目標は、プログラムを大規模に動作させることであり、これはCardanoが次に向かうところです。PABによってスケーラビリティが向上する一方で、ネットワークに参加するユーザーはどんどん増えていきます。

この数が増える頃には、カルダノはサイドチェーンだけでなく、レイヤー2のソリューションであるHydraを立ち上げる準備ができているでしょう。これらの他にも、カルダノは多くのプロジェクトを進めています。例えば、Plutus、Mamba Pool (NASDAQ:)、Atala PRISM、Mithralなどなど。実際、カルダノのエコシステムの中だけでも、14の異なる要素をもたらすために活動しているチームがあります。

その一方で、カルダノは、完全に資金を調達して準備を整えた何十もの商業プロジェクトと協力している。このように、ホスキンソン氏は、カルダノの大規模な商業化を目の当たりにする来年に期待を寄せている。

全体として、彼はエコシステムが生き生きと活動していることを嬉しく思い、プロジェクトへの需要がより強くなったことを謙虚に受け止め、ここにいるコミュニティに感謝しています。最後に、懐疑的な人には、2016年に書かれたカルダノのホワイトペーパーを読むことを勧めている。

この文書には、プロジェクトが何をもたらすことを目指していたのかが正確に示されており、現在までに提供されてきた着実で揺るぎない進歩を見ることができます。彼は放送の最後に、カルダノは今まさに必要な場所にいて、計画通りに成長し続けるだろうと語っています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。