ニュース, ブログ, ...

カルダノのアフリカでの大きな計画 By CryptoMode

カルダノサミット2021が幕を閉じ、カルダノは次の目標に向かって止まることなく着々と歩みを進めています。チャールズ・ホスキンソン氏はアフリカツアー真っ最中であり、カルダノがいかにアフリカにかける意気込みが大きいか伝わってきます。

CryptoModeは、現在新興技がアフリカ大陸の様々な驚くべき主要ソリューションの源になっているアフリカについてカルダノが行っている大きな計画について伝えています。

以下はCryptoModeに掲載された記事「Cardano’s Big Plans for Africa」を翻訳したものです。

カルダノのアフリカでの大きな計画 By CryptoMode

By Marcin Dragunov October 25, 20210

アフリカは技術革新が遅れている大陸だと思われがちですが、金融技術に関しては常にアーリーアダプターでした。新興技術は、アフリカ大陸の様々な驚くべき主要なソリューションの源となっています。最近では、カルダノを開発したエンジニアリング・研究会社であるIOHK(Input and Output Hong Kong)が、アフリカ大陸での大きな計画を発表しました。

アフリカの課題を解決するテック系スタートアップたち

現在、アフリカの地では、先進的なスタートアップ企業や技術ソリューションが数多く生まれています。例えば、ケニアでは1990年代から携帯電話による銀行業務に大きな変革をもたらしたM-Pesaがあります。M-Pesaを使えば、人々は簡単にお金を送ることができ、銀行口座を持たない人にも手を差し伸べることができるようになりました。同じことが大陸のさまざまな地域でも起きています。現在、南アフリカは、新しいスタートアップ企業や技術ソリューションにとって、アフリカで最も肥沃な土地であると考えられています。

また、暗号通貨にも大きな反響があります。いくつかの規制による後退にもかかわらず、Lunoのような暗号取引所は順調に推移し、毎年成長を続けています。2021年2月には、ナイジェリアが米国に次ぐ世界第2位のビットコイン市場になったと発表されました。

カルダノはアフリカに大きな計画を持っている

さまざまなスタートアップ企業がアフリカのさまざまな問題に素晴らしい解決策をもたらしていますが、暗号通貨以外のブロックチェーン技術に関しては、IOHKがどの企業よりも大きなコミットメントをしています。最近、同社はアフリカ大陸でさまざまなプロジェクトを実施する計画を発表しました。

IOHKはブロックチェーンを使って、エチオピアやタンザニアなどのアフリカのさまざまな国でサービスを向上させる予定です。

カルダノがブロックチェーンを使ってエチオピアの教育を改善する

IOHKとエチオピア政府は、エチオピアの教育システムを改善するためのパートナーシップを結んでいます。このプロジェクトでは、カルダノのスマートコントラクトを利用しています。このプロジェクトでは、生徒にデジタルアイデンティティ(DID)を与え、学校教育の間、各生徒の学業成績に関するすべての情報を保持することになります。

このプロジェクトは、アタラプリズム技術とカルダノブロックチェーンを用いて実現されます。IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、このプロジェクトを通じて、何百万人もの学生が、決済や投票など、経済生活に関わるあらゆる事柄にこのインフラを利用できるようになると説明しています。つまり、このプロジェクトの用途は、学生生活や学校の壁の中にいるときだけではありません。

プロジェクトはどのように機能するのですか?

このプロジェクトは、学生の学業面での成長のすべての段階を追跡するように設計されています。これは非常に画期的なプロジェクトです。

従来は、学校生活で数学の成績がトップクラスだったとしても、卒業論文で落第してしまうと、希望の大学に入れないことがありました。

このような場合、その生徒の将来に大きな影響を与えることになります。しかし、DIDでは、たった一度の落第ではなく、その学生のすべての学歴が審査されます。また、このシステムはブロックチェーン上に構築されているため、不正や捏造の心配もありません。同時に、誰もがアクセスできるようになっています。

このプロジェクトを担当するエチオピアの教育大臣Getahun Mekuria氏によると、DIDは年に1~2回のテストだけではなく、子どもの総合的な学力を評価するのに役立つという。エチオピア政府は現在、12年生の全生徒を対象にDIDを実施しており、将来的には他の生徒にも拡大する予定です。

カルダノは教育以外にも目を向けている

カルダノの約束は、教育分野だけにとどまりません。健康分野やモバイルテクノロジー分野など、他の分野にも革命を起こすことが約束されています。最近では、グローバルなデジタルヘルスケアプラットフォームであるAsk The Doctorが、イーサリアムのブロックチェーンからカルダノのブロックチェーンに切り替える動きを見せている。

これは、ユーザーが基本的なヘルスケアについて学ぶことで、クリプトを獲得できるプラットフォームです。そして、獲得したいくらかのクリプトを使って、薬や医師のサービスに支払うことができます。Ask The Doctorがこのような動きをしている理由の一つは、アフリカ大陸でのカルダノの強い存在感にあります。

モバイル技術もカルダノの大きな計画の一部です

IOHKは、アフリカにおけるモバイル技術の計画も持っています。最近では、World Mobile Groupと提携し、エチオピアとタンザニアに重要なサービスを提供しています。両社は、タンザニアの市民が再生可能エネルギーによる持続可能なインターネットにアクセスできるようにするために協力しています。両社は協力して、カルダノブロックチェーンのインフラをベースにしたネットワークノードを手頃な価格で提供する予定です。

最後に

カルダノは、アフリカ大陸に素晴らしい計画を持っています。なぜなら、アフリカ大陸では新しい技術に対する需要が高く、この種のイノベーションに最適な国であるとホスキンソンは考えているからです。その計画とは、教育分野、投票、不動産分野に素晴らしい技術的ソリューションを提供することです。また、新しい決済システム、証券取引の新しい方法、個人を特定する新しい方法などを導入する計画もあります。

しかし、これらのプロジェクトはすべて、まだ準備中です。しかし、それらをすべて実現しようとするカルダノの努力を目の当たりにしました。その推進力が面白いのです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。