ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

OccamX:カルダノDEX、Milkomeda社との協業により2022年第1四半期に登場へ

OccamXは、Ethereum Virtual Machine(EVM)機能を非EVMブロックチェーンに提供するレイヤー2プロトコルであるMilkomedaと共同で、OccamXは2022年第1四半期にCardano分散型取引所(DEX)の最初のパブリックバージョンを立ち上げる予定だと発表しました。

以下はOccam_PRに掲載された記事「OccamX Cardano DEX to Arrive in Q1 2022 Through Collaboration with Milkomeda」を翻訳したものです。

OccamX:カルダノDEX、Milkomeda社との協業により2022年第1四半期に登場へ

By Occam_PR 2021年12月16日

Ethereum Virtual Machine(EVM)機能を非EVMブロックチェーンに提供するレイヤー2プロトコルであるMilkomedaと共同で、OccamXは2022年第1四半期にCardano分散型取引所(DEX)の最初のパブリックバージョンを立ち上げる予定です。

CardanoとSolanaエコシステムの重要なインフラストラクチャープロバイダーであり、元EMURGOメンバーによって設立されたdcSparkによって開発されたMilkomedaは、手数料とガスコストのベース資産としてラップADAを利用するM1サイドチェーンを通じてラップスマートコントラクトを導入しています。

OccamXは、Cardanoネイティブトークンのために作られた高スループットのDEXで、オカムレイザーの分散型Cardanoローンチパッドを開発した同じチームによって開発されたものです。IOHKのcFundとEMURGOの両方が支援するOccamXは、既存のCNTやOccamRazerのIDOを通じて起動するCNTのために膨大な流動性を解放することを約束します。

Milkomedaを利用することで、OccamXはCardanoメインネットだけで実現するよりもずっと早くフルキャパシティでローンチすることができるようになります。これは、取引機会を待っている膨大な数のカルダノ・ネイティブ・トークン(CNT)に深い流動性を提供するために不可欠なことです。

OccamXのプロダクトリードであるマックス・ミロノフ氏は、次のように述べています。

Milkomedaとのコラボレーションにより、OccamXをより早く市場に投入し、より早くスケールさせることができます。我々は、できるだけ早くユーザーをOccamXに迎え入れ、我々の$OCXネイティブDEXトークンのユーティリティ展開を開始できるような機会を探っていきたいと思っています。また、Milkomedaが提供するブロックチェーンの相互運用性の利点も楽しみにしています。

OccamXは、流動性の提供、取引手数料の削減などに使用される$OCXトークンによって運営されています。ユーザーは、pOCCステークプールへの$ADAのステーク、$OCCのステーク、$OCC-ADAの保有、$OCCのUniSwapプールへの流動性トークンのステークによって$OCXの配布を利用することができます。ユーザーは、$OCXダッシュボードから$OCXの配布状況を確認することができます。


Milkomedaのソーシャルメディアチャンネルをフォローして、最新情報をゲットしてください。

OccamXのソーシャルメディアチャンネルをフォローして、最新情報をゲットしてください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。