ニュース, ブログ, ...

チャールズホスキンソン氏動画『Happy Christmas Eve』で語られた2022年のカルダノ by Daily Hodl

チャールズホスキンソン氏がクリスマス・イブに配信した動画『Happy Christmas Eve』で、2022年のカルダノの目標について語っており、これをDaily Hodlが伝えています。

Happy Christmas Eve

以下はDaily Hodlに掲載された記事「Here’s What’s Coming to Cardano in 2022, According to the Crypto Asset’s Creator Charles Hoskinson」を翻訳したものです。

暗号資産の生みの親であるチャールズ・ホスキンソン氏によると、2022年にカルダノにやってくるのはこんなものだそうです。

Daily Hodl 2021年12月25日

チャールズ・ホスキンソン氏は、スマートコントラクトプラットフォームのカルダノ(ADA)が世界市場での長期的な成長を追求する中、2022年の多忙な時期を楽しみにしているようです。

YouTubeの新しい単独チャットで、カルダノの創設者兼Input Output Hong Kong(IOHK)CEOは、30万人の登録者に2021年のマイルストーンと彼が目指す将来の目標について話しています。

ホスキンソン氏のリストの主要な目標は、ブロックチェーン技術を使用して、分散型金融によって世界の貧困層への手頃な融資を促進する計画を確定させることです。

2022年後半の目標は、カルダノでエンドツーエンドのマイクロファイナンス取引を実現するために、すべてのピースをどう組み合わせたらいいかを考えることです。ケニアかどこかにいる実在の人物が、ブロックチェーンベースのアイデンティティとクレジットスコアを持ち、反対側にはステーブルコイン、そしてカルダノが決済レールとして機能するようにね。ピアツーピア、個人対個人で、ボタンをクリックすると、融資が行われます。彼らはそれを返済し、[それは]反対側に行く。

CEOは、アフリカ大陸の人々を金融的にエンパワーメントすることは、従来の金融に革命をもたらすかもしれない広範囲な意味を持つと考えています。

それは無許可のことであり、一旦そうなってしまうと、それを止めることはできないのです。良いIDとは何か?良いIDとは何か、良いクレジットスコアとは何か。アフリカのリアルファイナンスの分野では、他にどのような商品やサービスが必要なのか?そして、これをどうアフリカ全土に広げていくか。それが夢なんです。

ホスキンソン氏は次に、来年に向けた技術的なマイルストーンについて、いくつもの概説を述べています。

来年は、Linuxに対するHyperledgerのような、正式なオープンソースプロジェクトの構造が形成されるでしょう。多くの機関が有線接続され、私を含め、現在取り組んでいるすべての人々がノベライズされることになるでしょう…。

カルダノのスマートコントラクトプラットフォームである)プルータスの強化などについては、開発者とともに行った作業の結果、すでに3つのCIPS(カルダノ改善提案)があり、これを導入する必要があります。

パイプラインの導入や、インプット・エンコーダの導入も必要です。ピアツーピアは、現在テストネットでステークプールのオペレータとテストしているところです。

ホスキンソン氏は、最初の技術的目標を達成することが、将来の目標達成につながるということを、連鎖的に指摘し、次のように締めくくりました。

そして、それが達成された後は、パフォーマンスチューニングの最適化、ユーザビリティ、そしてこれらの要素に移行していくのです。

これは、急速な反復のゲームです。ちょっとだけやる。少しやれば、大きなアドバンテージが得られる…。

適切な演出を行い、物事を科学的に洗練させることができるようになってきました。採用も進んでいます。コミュニティもある。200万人規模に成長しました。

本稿執筆時点では、カルダノのネイティブトークンADAは1.40ドルで取引されている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。