カルダノ財団, ニュース, ...

EMURGOとCardano Foundation、新しい分散型アプリケーションツールスタックを開発するプロジェクトを開始

以下はに掲載された記事「EMURGO and the Cardano Foundation Launch Project to Develop New Decentralized Applications Tool Stack」を翻訳したものです。

EMURGOとCardano Foundation、新しい分散型アプリケーションツールスタックを開発するプロジェクトを開始

Renagh Mooney PR Manager

本日、EMURGOCardano Foundation(カルダノ財団)は、Cardanoエコシステムをサポートし、分散型アプリケーション開発を加速させるために、2つの組織が努力とリソースを結集して、コミュニティが生成・維持するツールスタックの開発を促進するプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトは、MVP1 と MVP2 で構成される予定です。

MVP1 はモジュール化されたツールスタックで構成されます。カスタマイズされた信頼性の高いブロックチェーンソリューションの作成に注力するインフラ開発企業であるFive Binariesが、Apache Software License 2.0の下、GitHubで公開し、Cardano Foundationがホストして構築する予定です。

この第一段階では、Blockfrost Blockchainコネクタ、Chain Watcherの初期リリース、および概念実証として機能するシンプルなバックエンドが含まれる予定です。Five Binariesは、この段階で3つの主要コンポーネントを開発する予定です。

  • ブロックチェーンアダプタ – アダプタは、異なる方法を用いてカルダノ・ブロックチェーンデータをブリッジするために使用されるプラグインコンポーネントです。MVP1 では、Blockfrost API を使用するアダプターが提供されます。ブロックチェーンデータにアクセスする方法は他にもあり、これらは将来的に追加されるか、コミュニティによって追加される可能性があります。
  • チェーンウォッチャー – チェーンウォッチャーは、Plutus Application Backend (PAB) のチェーンインデクサーの概念に似たコアコンポーネントである。特定のチェーンイベントへのサブスクリプションに従い、発生した時にdAppsバックエンドに依存します。
  • dAppsバックエンド – dAppsバックエンドは、Chain Watcherと通信するアプリケーションバックエンドで、分散型アプリケーションの特定のロジックを含んでいます。MVPは、プロジェクトの機能の概念実証として機能するシンプルなバックエンドを含み、開発者が自分自身を構築するための良い出発点となります。

第2段階であるMVP2では、Cardano Foundationはエコシステム全体のさまざまなプロジェクトやパートナーに働きかけ、プロジェクトへの貢献を公に呼びかける。この段階では、新しいアダプターやバックエンドを追加するためのプルリクエストは、テストを含め、プロジェクトのプログラミングガイドラインに従うことが要求されることになる。このガイドラインの策定はMVP1の一部であり、MVP2の実装はFive Binariesが管理する。

アプリケーションプログラミングインターフェース(API)により、開発者は正しいアプリケーションインスタンスとシームレスに対話することができます。開発者が、Cardanoノードや他のLayer 1コンポーネントと直接対話するためのHaskellコードの深い技術的知識や経験がなくても、ブロックチェーン上で簡単に対話、テスト、アプリケーションを起動できるようにするためには、CardanoへのAPIアクセスが不可欠です。

この作業は、IOGがPAB内のPlutusライブラリで行っている開発作業を補強し、追加するものです。

Cardanoエコシステムのための第2のアプリケーションバックエンドを開発することは、開発者がCardano上でソリューションを構築するための選択肢の多様性を高め、サードパーティによる様々なアプリケーションの構築を可能にするため、極めて重要である。さらに、スマートコントラクトベースのインフラの業界標準をサポートすることになります。

EMURGOのCEOである児玉健氏は、「EMURGOは、価値あるCardanoのインフラコンポーネントの開発を全面的にサポートしており、経験豊富なチームによる開発に向けて貢献できることを嬉しく思っています」と述べています。スマートコントラクト機能がCardanoでサポートされたことで、新しいツールスタックは、Cardano上で社会的にインパクトのあるdAppsを構築するために、開発者にさらなる有用な選択肢を提供するでしょう。」

Cardano FoundationのCEOであるFrederik Gregaard氏は、「EMURGOとの提携によるこのツールスタックの開発により、Cardano上でのサードパーティのスマートコントラクト開発のための活気に満ちた包括的なエコシステムがさらに可能になります」と述べています。「これは、私たちが検討している一連のオープンソースアーキテクチャの最初のものであり、今これを推し進めることに興奮しています。私たちは、コミュニティにツールを提供し、サポートを提供し、未来のアーキテクトを確実に実現したいのです。」

EMURGOについて

EMURGOはCardanoの公式な商業部門であり、組織の最も複雑な問題を解決するために社会的にインパクトのあるソリューションを提供しています。EMURGOはCardanoプロトコルの設立団体として、大規模なブロックチェーン開発と迅速なソリューション展開の能力を活用し、世界中のクライアントに利益をもたらすことが可能です。

EMURGOは、シンガポール、インド、インドネシアにオフィスを構え、世界中のクライアントとパートナーに恵まれています。接続と詳細については、https://emurgo.io をご覧ください。

Five Binariesファイブ・バイナリーズ)について

Five Binariesはチェコ共和国のプラハを拠点とするコンサルティング会社で、初日からCardanoのエコシステムを改善することに100%集中しています。メンバーは全員元Trezor Suiteのコア開発者であり、以前はTrezor Walletのバックエンドインフラを管理していた。このチームはITNで最初のステークプールを、メインネットでは2番目の StakeNutsを作りました。また、シェリー・メインネットの最初の取引も処理した。Five Binariesチームは、Cardano上の最初のオラクル・ソリューションであるNut.linkの背後にあり、Cardanoブロックチェーンにアクセスするために使用されるAPI、Blockfrostを開発しました。利用や採用に関して、Blockfrost APIはエコシステムで使用されるコアサービスで、3,000以上のプロジェクトに貢献した5,000人以上の開発者のコミュニティを持っています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。