IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:カルダノのイノベーションエンジン「Project Catalyst」がFund8を開始!

Project CatalystのFund8を開始されました。この記事でProject Catalystについて、Fund8のはじめ方についてみていきましょう。

以下はIOGブログに掲載された記事「Project Catalyst, Cardano’s innovation engine, launches Fund8!」を翻訳したものです。

カルダノのイノベーションエンジン「Project Catalyst」がFund8を開始!

Project Catalystは、カルダノのターボチャージャーエンジンであり、エコシステムの成長を加速させ、夢を実現させる。

by Kriss Baird 2022年3月2日

3ヶ月ごとに、新しいProject Catalystイノベーションファンドキャンペーンが始まり、カルダノ・トレジャリー((Cardano Treasury:カルダノ財務省)からADAで支払われるリソースを受け取る機会があります。資金を提供する価値のある素晴らしいアイデアを実現するために、構築、創造、貢献するための貴重なリソースです。

コラボレーション、競争、人間の可能性を高めるための実験として始まったものは、1年余りで世界最大の分散型イノベーションファンドになりました。最新の反復であるFund8は、ADAで1600万ドルをコントロールします。Fund8ローンチガイドをご覧ください。

グローバルなコミュニティが集まり、提案、評価、そして最終的にどの提案提出物に資金を提供すべきかを決定します。金融包摂の不平等を解決するための新しい分散型金融(DeFi)アプリケーションを含むすべてのものです。あるいは、現実世界の経済活動の摩擦を取り除き、現実の人々に安価なクレジット/金融商品を提供する商品のエコシステムを構築するRealFi。アフリカの起業家や労働者が所有するcollective manufacturing project(集合製造プロジェクト)など。

プロジェクトのマイルストーン

Catalyst(カタリスト)の過去7回のファンドでは、どのサイクルでも新しい、驚くべきマイルストーンがもたらされました。Fund8に期待する前に、前回のラウンドで達成されたばかりの成果を観察してみましょう。

Fund7では、投票と集計の結果、269の新しい提案がADAを受け取ることになりました。これらのプロジェクトは、カルダノ・コミュニティが提案した24の現実的な課題、そしてカルダノの最初のCatalyst NativeパイオニアであるCOTIが設定したさらなる課題に対応したものであることを考えると、驚異的な量といえるでしょう。Catalyst Nativesは、Catalyst Nativeパートナーが設定した課題に対するソリューションの構築を支援するイノベーターにインセンティブを与え、エコシステムの成長を目指すパートナーに分散型イノベーションファンド管理を提供するカルダノの新しいイニシアチブです。

52,500以上のウォレットが投票に登録し、コミュニティアドバイザーが今回900以上の提案のレビューに参加し、投票者の意思決定に役立てました。

短期間のうちに、カルダノ・トレジャリーから資金提供される提案の数は、ほぼ2倍の575プロジェクトとなりました。重要なのは、Fund2での最初のProject Catalystコミュニティ投票以来、現在100万票以上の投票が行われていることです。

本稿執筆時点で、カルダノ・トレジャリーはエコシステムを維持・成長させるために約8億ADAを保有しています。以前のラウンドで資金提供された多くのプロジェクトは、現在完了し、その成果を実証しています。

プロジェクトが新しいファンドキャンペーンに回転する中、また一つ感動的なマイルストーンが達成されました。Fund8 のすべての課題は、Catalyst コミュニティによって設定され、決定されています。その目標は?カルダノのオープンソースフレームワークの中で、開発者とDAppのエコシステムを加速させることです。23のチャレンジは、カルダノ・エコシステムの基礎と開発、コミュニティ開発、アウトリーチと採用、アイデンティティと相互運用性、Project Catalystの改善などのテーマにまたがっています。

2022年は、今日このブログを読んでいるあなたのような人々によって推進されるイノベーションとプロジェクトによって、過去12ヶ月の成果を凌駕することになるでしょう。アイデアをお持ちですか?応募してみませんか?

参加するには?

2022年2月24日(木)、提案書の提出が開始されました。当初、提案者は1週間で提案書のドラフトを提出し、さらに2週間で提案書を完成させることが求められていました。現在、このドラフト提出期限は解除され、ドラフト提出期限はなくなり、代わりに3月17日午前11時(UTC)まで提案書の提出を受け付けています。

Project Catalystに参加する方法はたくさんあります。イノベーターとして、投票者として、コメンターとして、提案のレビュアーとして、あるいはメンターとして。まずは、私たちのコラボレーション・プラットフォームでアカウントを作ることから始めましょう。また、毎週水曜日にYouTubeチャンネルでライブ配信されるTownHallに参加して、Project Catalystコミュニティに参加することもできます。アイデアをお持ちの方、あるいはカルダノの心臓部で何が起きているのかに興味をお持ちの方は、ぜひ私たちと一緒にProject Catalystコミュニティの一員になりましょう。

Project Catalystについてもっと知りたい方、Project Catalystを通じて他の人が投稿した課題に参加・回答したい方は、Catalystメーリングリストを購読し、私たちのTelegramコミュニティに参加してください、喜んであなたをお迎えします。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。