IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:代議員代表(dReps)のコンセプトの紹介

以下はIOGブログに掲載された記事「Introducing the Concept of Delegate Representatives (dReps)」を翻訳したものです。

代議員代表(dReps)のコンセプトの紹介

dRepsは、Project Catalystの大部分の議案に投票し、各基金における意思決定の質を向上させます。

by Jack Briggs 2022年4月11日 2 mins read

代議員代表(dReps)のコンセプトの紹介

先日行われたProject Catalyst Town Hallで、IOGは議決権委譲の概念、Delegate Representatives (dReps)の役割を発表し、参加を希望する人に関心を示すよう呼びかけました。その結果、素晴らしい反響があり、このたび詳細を発表する運びとなりました。

Project Catalystは、1年足らずで世界最大の分散型イノベーションファンドとなりました。これは、カルダノコミュニティによって推進される、継続的な開発と持続可能なイノベーションのための中心的な存在です。Fund8では約1,000件の提案が出され、Catalystは2022年中に2,100件以上の提案に資金を提供する予定になっています。これは驚異的なことです。

このようにカルダノのエコシステムが拡大し続けていることは、カルダノコミュニティ全体にとって素晴らしいニュースであることを示唆しています。しかし、指数関数的な成長は、しかし課題を提起します。提案の数が増えれば増えるほど、それらをレビューし投票するコミュニティの責任も重くなります。すべての提案が相応の注目を浴びるようにし、継続的な成長を促進するためには、持続可能性を確保するための新しい仕組みが必要です。

委任は、ada保有者が自分の議決権を一人または多数のdRepに委任することを可能にします。これにより、受動的な投票者が、個人的に読んで評価できる数よりも多くの提案に対して、引き続き自分の声を届けることができるようになります。

dRepsは、コミュニティが提起した様々なプロジェクトやトピックについて、一緒に調整し、方針を立て、データを入手し、検討し、専門家と相談し、最終的に投票することになるのです。

dRepsの導入は、コミュニティが学び、成長し続けるための、もう一つのエキサイティングなステップです。今後のProject Catalystファンドに代表を送り出すにあたり、数週間から数ヶ月の間に、さらに多くのことを共有し、議論することになるでしょう。インクルージョンと多様性を強化するために、IOGはdRepの最初のコホートへの参加を再び募集しています。

今後数週間、IOGはdRepになることの意味、インセンティブモデル、dRepがProject Catalystに与える影響について、より詳しく説明する一連のワークショップを開催する予定である。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。