ニュース, ブログ, ...

カルダノ創業者チャールズ・ホスキンソン氏、ADAに否定的な発言をしたTerraCEOに反撃 by TheCryptoBasic

カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、Terra LabsとTerraエコシステムのCEOであるDo Kwon氏が数日前にTwitterで行ったコメントに対して、発言したやり取りについてTheCryptoBasic.が伝えています。

以下はTheCryptoBasic.comに掲載された記事「Cardano Founder, Charles Hoskinson Hits Back at Terra CEO for Making Negative ADA Comments」を翻訳したものです。

カルダノ創業者チャールズ・ホスキンソン氏、ADAに否定的な発言をしたTerraCEOに反撃

by Lele Jima 2022年5月10日

カルダノの創業者はかつて、自身のプロジェクトを貶める批評家に反撃したことがある。

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、コミュニティに向けられた無礼なコメントに対して反撃するあらゆる機会を捉えており、批判者が彼のプロジェクトを見下すことを許すつもりはないようである。

カルダノのボスは、Terra LabsとTerraエコシステムのCEOであるDo Kwon氏が数日前にマイクロブログプラットフォームTwitterで行ったコメントに対して非難を浴びせています。

何が起こったか

トラブルはまず2022年4月8日、Kwon氏がTerraUSD(UST)ステーブルコインの積立金を増強する取り組みの一環として、Luna Foundation Guard(LFG)がAvalanche Foundationから1億ドル相当のAVAXトークンを購入するという投稿をシェアした後に始まりました。

「$AVAXを$USTリザーブの一部として$BTCに次ぐ2番目の主要レイヤー、1つの暗号資産として歓迎します。Avalanche AVAXのネイティブトークンを含めることは、$USTペグをサポートするレイヤー1の多様な暗号資産のプールの開始を意味する」とLFGはTwitterに書きました。

暗号通貨コミュニティは、LFGがビットコインを購入するという当初の計画とは対照的に、なぜ別の暗号通貨を購入することにしたのかについて混乱しました。

この明確性の欠如に基づき、LFGの最近のAVAX購入の根拠について、いくつかの質問が提起されました。一部のユーザーは、多分USTのための非営利ビルディングリザーブは、そのネイティブ暗号通貨であるLUNAの代わりに他の暗号を燃やすことを計画していることを示唆しています。

別のTwitterユーザーは、ユーザー名@jcoversmoで、LFGによって購入されたすべての暗号通貨が相関しているかどうかを尋ねました。

Jcoversmo氏は、もし本当に資産が相関関係にあるのなら、TerraのCEOは、市場行動の変化から利益を得る裁定戦略を利用するという約束で投資家から数十億ドルを集めたLTCM(Long-Term Capital Management)の話を聞いていなかった可能性がある、と付け加えた。

しかし、物事は計画通りには進まず、投資家はその過程で巨額の損失を被ったのです。

Kwon氏は@jcoversmo氏のコメントに返信し、LFGは負の相関(2つの変数の間で、一方が減少すると他方が増加する、またはその逆が起こるという結合を含む投資戦略)のためにカルダノのネイティブ暗号通貨ADAを購入する必要があるかもしれないと指摘した。

ホスキンソン氏、クォン氏に反撃

このコメントはカルダノコミュニティとホスキンソン氏を怒らせたようですが、カルダノのボスは反応するのに完璧なタイミングを待つ必要があり、それは投資家がTerraチームを信頼していないことを受けてLUNAの価格が過去24時間で43%以上下落したときに起こりました。

このコメントに対して、ホスキンソン氏は、Kwon氏の投稿を引用して、次のように述べています。

“負の相関のためにルナを買うべきでしょうか?”

これは、ホスキンソン氏がGalaxy Digital InvestmentsのCEOであるMike Novogratz氏を、カルダノを嫌って他の暗号通貨プロジェクト、特にLUNAを支持していると非難してから12時間も経たないうちに出てきたものです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。