ニュース, ブログ, ...

カルダノ創設者:Vasilハードフォークは順調、テストネットは5月末に開始予定 by UTODAY

カルダノの開発会社IOは動画『Mid Month Development Update』で、6月29日に予定されているVasil Hard Forkで大幅な機能強化がもたらされるカルダノとそのスマートコントラクトプラットフォームであるPlutusは、5月末までにテストネットが立ち上がる可能性を発表、これをUTODAYが詳しく伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Founder: Vasil Hard Fork on Track, Testnet Set to Launch by End of May」を翻訳したものです。

カルダノ創設者:Vasilハードフォークは順調、テストネットは5月末に開始予定

by Tomiwabold Olajide 2022年5月14日

カルダノの創設者であるチャールズホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、Vasil Hard Forkが引き続き予定通りであることを明言しました。カルダノとそのスマートコントラクトプラットフォームであるPlutusは、6月29日に予定されているVasil Hard Forkで大幅な機能強化が行われる予定です。そのため、IOHKは5月末までにテストネットが立ち上がる可能性を示唆しています。

ホスキンソン(Hoskinson)氏は、来るVasil Hard Forkのアップグレードが「カルダノとそのスマートコントラクト機能に大規模なパフォーマンス向上」をもたらすかもしれないと、前向きな期待を表明しています。

今度のVasilアップデートでは、4種類のCIPが導入される予定です。CIP-31 (Reference Inputs)、CIP-32 (Inline Datums)、CIP-33 (Reference Scripts)、CIP-40 (Collateral Outputs)の4種類のCIPが導入されるとIOHKは共有しています。

カルダノが週次開発アップデートを共有

IOHKは、週次開発アップデートにおいて、6月のVasilハードフォークイベントの準備のためにすべての手が残っていることを指摘しています。パイプラインのテストとロギングの改善に進展があったことを記しています。

また、テストと問題解決のワークフローに焦点を当てたUTXO HD統合の作業も開始されている。カルダノは、8つのIOGノードをP2Pテストネットに再展開し、テストネットのパフォーマンスを評価し、フィードバックを共有するために51の事前登録されたSPOを追加したと述べている。

この週、カルダノはDaedalusウォレットの新しいリリース、Daedalus 4.10.0を発表し、無名のネイティブトークンの表示を改善し、Windows開発環境のサポートを追加し、Windows上のLedger Nano Sのペアリング問題も修正しました。同じ週に、Hydraチームは0.5.0リリースをデプロイしました。

IOHKはまた、提供されたチャートでネットワークの成長に関する統計を共有することにしました。現在、937のプロジェクトがCardano上で構築されており、以前の925から増加している。最近、84のプロジェクトがCardano上でローンチし、NFTプロジェクトの数は5,549に増えている。今週、Githubコネクトは合計2,609となり、Cardanoネイティブトークンは470万に上昇した。

CoinMarketCapのデータによると、記事公開時、ADAは12.96%減の$0.507で取引されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。