ニュース, ブログ, ...

カルダノ開発者がVitalik Buterin氏と冗談で「It’s not to late To Come To Cardano」:937のプロジェクトがカルダノ上で構築中 by CoinCu

以下はCoinCuに掲載された記事「Cardano Developer Joked With Vitalik Buterin: “It’s Not to Late To Come To Cardano”; 937 Projects Are Now Being Built on Cardano」を翻訳したものです。

カルダノ開発者がVitalik Buterin氏と冗談で「It’s not to late To Come To Cardano」:937のプロジェクトがカルダノ上で構築中

by Hazel : CoinCu 2022年5月17日

カルダノ開発者がVitalik Buterinに言ったこと:”It’s not to late To Come To Cardano”

Twitterで、カルダノの開発者であり創設者のチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏が、イーサリアム・ネットワークのクリエイターの一人であるVitalik Buterin氏に、カルダノに来るように言いました。

注目すべきは、ホスキンソン氏がアメリカの起業家としてブロックチェーン技術「イーサリアム」の共同創設者であったことです。一方、ホスキンソン氏は5月17日にTwitterで、かつてのパートナーのネットワークについて気の利いたジョークを飛ばしています。

ブテリンのTwitterのスレッドでは、イーサリアム、分散型金融(DeFi)、民主主義全般に関して自分が抱えている矛盾を考えており、その投稿がきっかけとなりました。

イーサリアムが文化的なものも含めて長期的な安定性と安定性を強調する、よりビットコインに近いシステムになることを望む私の願望と、そこに至るにはかなり多くの積極的な調整された短期的変化が必要だという私の認識との間の矛盾

イーサリアムが真に極端な状況でも生き残れるL1になってほしいという私の願望と、イーサリアム上の多くの主要アプリがすでにイーサリアムのプロトコル設計で許容できると考えられるものよりもはるかに脆弱なセキュリティ前提に依存しているという私の認識との間の矛盾

と彼は付け加えました。

一方、ADAを「難読化した詐欺」とする懐疑論者に対し、IOHKのホスキンソン最高経営責任者は、カルダノは何も隠していないと強調しています。

Deus FinanceのステーブルコインDeiもペグを失ったように、LUNAやUSTのメルトダウンでTerraのエコシステムが崩壊したのに続き、暗号通貨全般に関する懸念が提起されています。

カルダノのエコシステムには、多数の重要なコンポーネントが欠けているという懸念が最近出てきています。

現在、カルダノでは937のプロジェクトが開発されており、以前の925から増加している。カルダノは最近、84の新しいプロジェクトの追加を歓迎し、NFTsプロジェクトの総数が5,549になりました。

免責事項:本ウェブサイトの情報は一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。投資する前にご自身で調査されることをお勧めします。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。