ニュース, ブログ, ...

カルダノのイベントを先取り:6月ハードフォーク、P2Pプロトコル、DJEDステーブルコインなど

カルダノ・ネットワークは、この夏、カルダノコミュニティは6月のハードフォーク、P2Pプロトコル、DJED Stablecoinなど多くのイベントが待ち構えており、盛り上げを見せています。これについてU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Events Ahead: June Hard Fork, P2P Protocol, DJED Stablecoin and More」を翻訳したものです。

カルダノのイベントを先取り:6月ハードフォーク、P2Pプロトコル、DJEDステーブルコインなど

by Arman Shirinyan 2022年01月06日

カルダノ・ネットワークは、今後数ヶ月の間にエコシステムのための多くの大きなリリースの準備をしています。ネットワーク上の開発者の活動は記録的なものに近く、ここではユーザーがこの夏に期待できるものを紹介します。

6月のハードフォーク

カルダノの最大のアップデートの1つは、リファレンススクリプト、インラインデータ、リファレンスインプットをもたらすでしょう。すべての改善は、ネットワークのスループットを大量に増加させ、カルダノのL1をネットワーク上で最も効果的なチェーンの1つにすることが期待されています。

最も重要なアップデートの1つは参照スクリプトで、これは古い取引から既存の事前記録されたスクリプトを参照することで、ネットワーク上の取引をより小さく、より安くするものです。

完全なP2Pネットワーク

P2Pとゴシッププロトコルのリリースにより、カルダノは完全な分散化へ一歩近づくことになる。新機能の実装後、エンドユーザーはリレーなしでノードを発見することができるようになる。

エコシステムの分散化に投資をしようとするユーザーに対する障壁が少なくなるため、ネットワークは完全に自己規制され、有機的なものになるであろう。

DJEDステーブルコイン

ネットワークにもたらされる最も期待されるソリューションの1つは、アルゴリズムによるDJED安定コインのリリースです。ネットワークはすでにブリッジされたUSDCをユーザーに提供することができますが、分散型アルゴリズム安定コインはカルダノにとってより効率的なソリューションとなるでしょう。

カルダノがこの夏に発表しようとしている様々な分散型ソリューションやアプリケーションは、業界全体からユーザーや投資家を惹きつけることを目的としています。

カルダノの基礎となる暗号通貨ADAは、直近の5日間の取引で約50%の価格上昇を見せたように、高い開発・リリース活動の効果がすでに現れています。

免責事項:ここで述べられた意見は、投資アドバイスではありません – それは情報提供のみを目的として提供されています。また、必ずしもU.Todayの意見を反映するものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。