ニュース, ブログ, ...

プルーフ・オブ・ステークの導入を最初に実現したのは、カルダノOuroboros

日本時間6月9日イーサリアムは、テストネット”Ropsten”上で、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の導入するためのアップグレード”The Merge”の実装を完了しました。

カルダノユーザーは、これを”プルーフ・オブ・ステーク(PoS)が現実となる最初のメジャーステップ “と祝ったツィートに同意しなかったカルダノユーザーは、 ”カルダノは、学術的な研究、ピアレビュープロセス、正式に検証された方法論にもかかわらず、(プルーフ・オブ・ステーク:PoS)約4年早く立ち上げていた”と主張、”(カルダノ・プロトコルである)Ouroboros:ウロボロス は、最も引用された暗号研究であり、真に画期的なプルーフ・オブ・ステーク(PoS)プロトコルであり、他に類を見ない、遥かに先を行くものである。”とツィートしています。

これを受けチャールズ・ホスキンソン氏はこの点に同意し、”この点を全く見逃していることに驚きです。”と付け加えました。

事実カルダノは、日本時間の2020年7月30日木曜日の午前6時44分51秒にバイロンからシェリーにハードフォークし、プルーフ・オブ・ステークを”メインネット”で実現しています。

これについてCoinquoraが、詳しく伝えており、”イーサリアムはプルーフ・オブ・ステークの優位性を認識しており、来るMergeで移行する予定だが、カルダノはこの分野でまさに先発者であるという優位性を持っている”と記事は述べています。

以下はCoinquora.comに掲載された記事「Cardano’s Ouroboros Was the First Mover to Proof of Stake」を翻訳したものです。

カルダノのウロボロスは、プルーフ・オブ・ステークへの最初のムーバー by Coinquora

by Danielle Du Toi 2022年6月9日

6月8日のTwitterのスレッドでは、Ethereumのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行にユーザーがいかに興奮しているか、そしてこれが “Proof of Stakeが現実となる最初のステップ “となることが述べられています。

当然のことながら、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏を含むTwitter上の暗号ユーザーの大多数はこれに同意しませんでした。あるユーザーは、「カルダノは、学術的な研究、ピアレビュープロセス、正式に検証された方法論にもかかわらず、約4年早く立ち上げた」と述べ、前のツイートについて人々の記憶をリフレッシュすることにしたのです。Ourborosは最も引用された暗号研究であり、まさに画期的なPoSプロトコルで、他に類を見ないものであり、他を大きく引き離しています。

チャールズ・ホスキンソン氏はこの発言に同意し、”この点が完全に見逃されている “ことが理解できないと付け加えました。

Ouroborosはカルダノのコンセンサスプロトコルである。また、「証明可能な安全性」を持つ最初のプルーフ・オブ・ステーク・プロトコルであり、ピアレビュー研究に基づく最初のブロックチェーン・プロトコルでもあります。チャールズ・ホスキンソン氏は2017年、カルダノの根幹をなすプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・プロトコルの名称にウロボロスを採用しました。

Ouroboros Classicは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)に匹敵するエネルギー効率の高いプロトコルの基礎となり、プルーフ・オブ・ステークを分析する数学的フレームワークを導入するなど、すでに大きなマイルストーンを達成しています。

イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ブロックチェーンには確立された実績がありますが、カルダノのOuroborosのようなプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサスは、マイナーをバリデーターに置き換えたものです。

イーサリアムはプルーフ・オブ・ステークの優位性を認識しており、来るMergeで移行する予定だが、カルダノはこの分野でまさに先発者であるという優位性を持っています。

つまり、イーサリアムはPoSに移行する前に追いつく必要があり、実際、PoSに移行するのは初めてではありません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。