ニュース, ブログ, ...

米衛星テレビ大手DISH、カルダノ・ブロックチェーンで構築したロイヤリティコインシステムを開始

IOGは、昨年のカルダノサミット2021で提携を発表していた米国の通信サービス会社であるフォーチュン250企業の「DISH NETWORK」とともに、自社(IOG)技術であるAtala PRISMのIDサービスとカルダノのネイティブアセット機能を通じて構築した、分散型IDおよびロイヤリティコインシステムを立ち上げたことをブログで発表しています。

これをFinboldが詳しく記事で伝えています。

以下はFinbold.comに掲載された記事「U.S. satellite TV giant DISH launches a loyalty coin system built on Cardano blockchain」を翻訳したものです。

米衛星テレビ大手DISH、カルダノ・ブロックチェーンで構築したロイヤリティコインシステムを開始 by Finbold

by Ana Nicenko 2022年6月8日

暗号通貨市場が回復への緩やかな道を歩み始める中、Cardano (ADA) はここ数日、そのエコシステムの成長と発展を続けており、米国の衛星テレビ大手との協力を伴う最新の前進を含め、最高のパフォーマーの一つとなっています。

実際、アメリカのテレビプロバイダーで直接放送衛星プロバイダーDishを所有するDISH Network Corporationは、Input Output Global(IOG)技術に基づいた分散型識別およびロイヤルティコインシステムの立ち上げを計画していると、カルダノの開発者チームは6月7日に発表しています。

声明によると、DISHは “Atala PRISMのIDサービスとカルダノのネイティブアセット機能を通じて “インフラにブロックチェーン機能を導入するローンチに向けた最初の一歩を踏み出しました。

最終的に、両社はこのプロジェクトで力を合わせ、”カルダノ・ブロックチェーン上に最初に構築された、堅牢で完全デジタルかつ分散型の識別とロイヤリティのフレームワークを作成する “ことにしました。

DISHのプロジェクトはどのような内容なのでしょうか?

このMVP(minimum viable product)は、DISHのBoostOne Loyaltyプログラムのロイヤリティコイン残高を複製したロイヤリティトークンをカルダノ・ブロックチェーン上で鋳造することを可能にする。そして、カルダノは、顧客が蓄積したこれらのロイヤリティーコインの残高を追跡し、DISHが管理するウォレットを使用して、夜間のバッチ処理で適宜鋳造または焼却する予定です。

このMVPを完成させることで、パートナーはより大きなCRONUSプロジェクト(”ブロックチェーンをDISHエコシステムと今後の消費者戦略全体の中核とするためのIOGとDISHの長期的かつ革新的なコラボレーション”)の最初のステップを踏み出すことになります。

声明によると、”この最初のステップはブロックチェーンの有効化に関するもの “であり、”次の段階では、DISHユーザーがブロックチェーンエコシステムのさまざまな側面にゆっくりと導入されるブロックチェーンの採用を含む “そうです。

注目すべきは、この2社の協力が、2021年のCardano Summitで、他ならぬInput OutputのCEOであるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏によって初めて発表されたことです。当時、将来のパートナーは、分散型台帳技術の採用を促進する目的で、斬新なブロックチェーンソリューションを作成する予定であると述べていました。

一方、カルダノは今夏に予定されている待望のVasilハードフォークに近づいており、プロトコルの取引スループット、ボリューム、流動性を大幅に向上させることが約束されています。

このハードフォークへの期待から投資家の関心が高まり、5月下旬にはアクティブプールの数が3,000に達しました。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。