ニュース, ブログ, ...

Vasilがカルダノのロールアウトに向けて準備するものはこれだ

スピードとスケーラビリティの向上を約束するVasilのアップグレードがどのように進行しているか、IOHKがツィッターで最新情報をアップデートしており、6月29日に予定されているロールアウトに向けてすべてが順調であることを確認しました。

これをCryptoslateが記事で伝えています。

以下はCryptoslate.comに掲載された記事「Here’s what to expect as Vasil readies for Cardano roll out」を翻訳したものです。

Vasilがカルダノのロールアウトに向けて準備するものはこれだ by Cryptoslate

by Samuel Wan 2022年6月8日

VasilがCardanoのロールアウトを準備する際に期待することは以下の通りです。

Input Outputは6月7日、間近に迫ったVasilハードフォークに関する最新情報をツイートしました。カルダノ開発者は、6月29日に予定されているロールアウトに向けてすべてが順調であることを確認しました。

ADAはこのニュースを受けて13%上昇し、0.60ドルでその日を終えた。上昇の勢いは水曜日にも続き、9%上昇し50日移動平均線にタッチした。

噂を買い、ニュースを売るという典型的な動きで、アナリストはVasilのアップグレードが近づくと、さらなる価格上昇のきっかけになると広く予想しています。

先月、@Cardians_は過去のハードフォークイベントをマークしたADAの値動きを示すチャートを投稿しました。過去のハードフォークはいずれも、価格の上昇とそれに続く下落が見られました。例外はメアリーハードフォークで、このときはイベント後数週間にわたってADAの価格が上昇し続けました。

アロンゾのハードフォークは、この期間、より広範な市場の低迷の中とはいえ、リリース後の長引くドローダウンが特徴的です。

問題は、Vasilが以前の価格形態を再燃させることができるかどうかです。

ハードフォークイベントに対するCardanoの価格
Source: @Cardians_ on Twitter.com

Vasilとは?

Vasilのアップグレードは、カルダノの開発におけるBashoスケーリングの時代に該当します。この時代は、成長と大量導入に備え、パフォーマンスを向上させるためにネットワークの最適化に重点を置いています。

具体的には、Vasilは拡散パイプラインと呼ばれる技術によってメインチェーンを高速化し、ブロックサイズとブロック伝搬の効率性を向上させる予定です。その結果、基礎となるプロトコルにわずかな変更を加えるだけで、高いスループットを実現することができるのです。

これは、システムへの侵襲性の低い変更で達成可能でありながら、スループットを大幅に向上させることを約束するもので、したがって、短期間での実装に最適な候補といえます。

このアップグレードには、データの保存とアクセスを改善するために新しい参照入力を導入するCIP-31、よりシンプルにするためにデータムの添付方法を再編成するCIP-32、計算量を減らすスクリプトのサイズを縮小するCIP-33など、いくつかのカルダノ改善提案(CIP)の実装も含まれています。

カルダノ開発者がVasilのアップデートを発表

Vasilのアップグレードの “動く部分 “を詳述したInput Outputは、APIシステムなどの補助的なコンポーネントも協調して更新する必要があると言及した。

コアノードだけでなく、複数のコンポーネントもアップグレードする必要があり、DB-SyncからBlockfrostなどのサードパーティAPIまでカバーしています。

Vasilノードの新しいリリースは、テスト中に発見されたいくつかの不特定の問題を含んで配信され、開発者は現在、それらの解決に取り組んでいます。

エコシステムのパートナーは、新しいノードリリースをさらにテストし、プロセスを微調整するために、専用の開発者テストネットにアクセスすることができます。

金曜日には、アップグレードプロセスの次の重要なポイントがあり、チームは会合を開き、ハードフォークを実行するための「正しい位置にいるかどうか」を議論する予定です。さらなる更新が行われる予定です。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。