ニュース, ブログ, ...

カルダノ創業者、ADA投資家を守るために暗号「ウォレット標準団体」の創設を希望

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、暗号通貨ウォレットの数が大幅に増加したことを受けて、ユーザーの安全を守るために、カルダノ上の暗号通貨ウォレット開発者のバックグラウンドチェックを行うことを任務とする「ウォレット標準グループ」を創設する必要性を表明しました。

これについてTheCryptoBasicが伝えています。

以下はTheCryptoBasic.comに掲載された記事「Cardano Founder Wants to Create A Crypto “Wallet Standard Group” to Protect ADA Investors」を翻訳したものです。

カルダノ創業者、ADA投資家を守るために暗号「ウォレット標準団体」の創設を希望 by TheCryptoBasic

by Lele Jima 2022年6月14日

ホスキンソン氏は、暗号強盗の事例が増える中、ADAの投資家の安全を守るための予防策を講じたいと考えています。

ここ最近、カルダノは有用な一連のプロジェクトを構築するために様々な開発者によって広く採用されています。スマートコントラクト機能を導入した昨年のアロンゾハードフォーク開始以来、カルダノは様々な開発者によって広く採用され、彼らはブロックチェーンの強みを活かして数々のソリューションを構築してきました。

昨年以来、分散型アプリケーション(dApps)、ノン・ファンジブル・トークン(NFTs)、NFTマーケットプレイス、暗号ウォレットなどのプロジェクトがネットワーク上に展開されています。

人気のマイクロブログ・プラットフォームであるTwitterでCardiansが行った最近のツイートには、現在カルダノネットワーク上にある暗号ウォレットの数を示すインフォグラフィックが掲載されています。

Cardianが共有したインフォグラフィックによると、現在、カルダノ・ネットワーク上には14の暗号通貨ウォレットがあります。

ホスキンソン氏、投資家の安全性を懸念

ブロックチェーンの大規模な導入を描いたこの偉業は大いに称賛に値しますが、カルダノネットワークの研究開発を担当するInput Output Global(IOG)のCEO、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、この発展を印象的だとは思っていません。

暗号通貨ウォレットの数が大幅に増加したことを受けて、ホスキンソン氏は、ユーザーの安全を守るために、カルダノ上の暗号通貨ウォレット開発者のバックグラウンドチェックを行うことを任務とする「ウォレット標準グループ」を創設する必要性を表明しました。

ホスキンソン氏はこう語った。

ウォレット標準グループを結成する必要があるようだ。誰が参加する?

ホスキンソン氏の懸念の理由

ホスキンソン氏がカルダノ上の暗号ウォレットソリューションの急増を懸念しているのは、業界で暗号が盗まれる事例が増加していることを受けてのことです。

詐欺師は、投資家のデジタル通貨に無制限にアクセスできるようにするための抜け道を常に探し求めており、いつでも盗まれる可能性があるのです。

ホスキンソン氏のツイートは、ウォレット開発者が悪意のある暗号ウォレットをCardano上に展開している可能性を示唆するものではありませんが、同氏はCardanoや他の暗号通貨投資家の安全性を懸念しているだけなのです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。