IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:Vasilのアップグレード – 進捗状況

以下はに掲載された記事「Vasil upgrade – the state of play」を翻訳したものです。

Vasilのアップグレード – 進捗状況

あと少しですが、まだもう少しです。Vasilのアップグレードに向けた進捗状況をお知らせします。

by Nigel Hemsley 2022年6月20日

Vasilアップグレード – 進捗状況

金曜日、Vasilのアップグレードに取り組むインプット・アウトプット・グローバル(IOG)チームは、週明けの定例評価会議を開催しました。今日(6月20日月曜日)は、次のエポック境界までにカルダノテストネットのアップグレードを促進できる最新の日付でしたので、私たちのエンジニアが週末に行った作業を考慮して、今日の午後に最新の状況を再評価することに同意しました。

IOGエンジニアリングチームは、ハードフォーク作業を完了させるために、まだ7つのバグが残っているだけで、コア作業の完了に非常に近づいており、現在「深刻」とランク付けされたバグはありません。いくつかの検討の後、我々はテストのための時間を確保するために、今日テストネットにハードフォークの更新提案を送らないことに合意しました。

今日まで、私たちはPlutus V2テストスクリプトの大部分(約95%)を何とかやり遂げました。しかし、まだいくつかの未解決の項目があり、すべてが期待通りに動作していることを確認する必要があります。このために、あと数日必要だと判断しています。このため、以前お伝えしたメインネットハードフォークの目標日である6月29日の予定が遅れています。

6月の初めから、我々は半公共のVasil開発者テストネット(Devnet)として、新しいノード(拡散パイプラインと新しいPlutus v2CIPを含む)の初期ビルドを成功裏に実行しています。現在、27のプロジェクトから約35人の開発者がDAppsをテストし、問題の特定に協力しており、16人のステークプールオペレーター(SPO)がサポートしています。また、Blockfrost、Cardano Serialization library(EMURGO)、Cardano Multiplatform Library(dcSpark)など、主要なツール/APIプロバイダーと密接に連携しています。特に、プロセスを通じて素晴らしいサポートを提供してくれたMlabsとDquadrantの仕事を称えたいと思います。この開発者テストネットの段階は、Plutusのコードの互換性と機能性に関して、私たちを良い位置に導いてくれます。この貴重な作業は、今後数週間にわたり、この開発者テストネットで継続されます。

Vasilの作業は、いくつかの角度から見て、これまでで最も複雑な開発と統合のプログラムでした。コアチームによる多大な作業だけでなく、エコシステム全体の緊密な調整も必要な、困難なプロセスです。

Cardano Testnetをハードフォークする最終決定は、SPOおよびDApp開発コミュニティのメンバーと協議の上、以下の3つの重要な基準に照らして行われます。

  • ノード(元帳、CLI、コンセンサスなどを含む)または内部監査機能において、重大な問題がないこと。
  • ベンチマークやパフォーマンス・コスト分析が可能であること。
  • コミュニティ(取引所やDAppプロジェクトを含む)は適切に情報を与えられ、ハードフォーク・コンビネーターイベントに備えるための十分な時間を与えられていること。


プロジェクトは、これらの基準に対して順調に推移しています。これらの条件をすべてクリアすることができれば、カルダノのテストネットをハードフォークし、メインネットのハードフォークまでの最後のカウントダウンに入ることができます。Cardano財団の統合チームはこのプロセスを主導し、通常、各取引所に統合/更新を完了するために4週間を与えることを目標としています。メインネットハードフォークの前に80%の取引所コンプライアンス(流動性による)を達成することを目指し、ユーザーへの不便を最小限に抑える一方で、取引所によって異なるスケジュールで作業できることを認識するというパレート原理がここで守られる傾向があります。

本日、IOGとCardano Foundationは、テストネットを6月末にハードフォークする新しい目標日について合意しました。ハードフォークが完了したら、取引所とSPOが必要な統合とテスト作業を行うために4週間の猶予を与える予定です。これは合理的なことであり、急ぐべきではありません。したがって、7月最終週にカルダノのメインネットハードフォークが行われるというのが、現時点での想定となります。

このニュースは一部の人にとって残念なものであることは認識しています。しかし、私たちはこの展開を正しく行うために、十分な注意を払っています。

私たちが一貫して伝えてきたように、そしてコミュニティのほとんどが認識しているように、ソフトウェア開発において絶対的なタイムラインはあり得ません。品質とセキュリティが最優先されなければなりません。もしコア・コードを正しくするために、そしてすべてのエコシステムのプレーヤー(SPO、DAppプロジェクト、ツール、取引所など)が完全に快適であることを保証するためにさらに時間が必要であれば、それはそれでよいのです。このプロセスに時間をかけることは、唯一の責任ある行動です。

IOGとCardano Foundationのチームは、メインネットでのVasilハードフォークが近づくにつれ、開発者コミュニティや取引所と密接に連携していきます。そして、コミュニティへのアップデートを継続することです。皆さんのサポートに感謝します。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。